FC2ブログ

天使の階段…


幻想的な夕暮れの、雲の切れ間から降ろされた階段。

虹の橋を渡らなければ行けない世界と同じ世界へ続く階段は

私だけに見えて、私だけが上れる階段…

天使が私にそう言った。


夕暮れの雲はオレンジ色の花が咲いたように光り
近付くにつれて紅くなり、その雲が紅いのは彼岸花の色だとわかった…





私は工藤由美、17才。

極普通の高校生だったけど、ただ一つだけ他の人とは違うところがあったんだ…。

それはね…男の人を好きになれないこと。

他の人には内緒だったけど、私は同性愛者なのだ。

それは中学生になってから自分で気が付いたんだけど、そんなこと誰にも言えないし、誰にも相談できなくてとても辛かった。

私…他の人とは違うんだ、って知ったときはショックだった。

でも、それは自分では変えることができない。

だから、高校に入学して2年生になったとき、後輩の私を可愛がってくれた部活の先輩に「好きです」って、私思い切って告白したの。

私が一年生の時から好きだった優しい先輩。

先輩はビックリしてたけど、その日は何時もと変わらずに部活の指導をしてくれた。

でもね…

次の日から先輩は、私を避けるようになった。

心の何処かでモヤモヤしていたことが現実になっちゃったんだ…。

しかも、それが先輩だけなら我慢できたんだけど…。

部員から私の噂があっという間に広がっちゃった。

メールやLINEに誹謗中傷がたくさん来るようになって、仲の良かった友達が慰めてくれたんだけど、今度はその友達のスマホにも私のスマホに送られてくる意地悪な言葉と同じ言葉が送られてくるようになった。

そんな状況が何日も続いて、仲の良かった友達は学校に来なくなった。

友達に「私のせいで嫌な思いさせてごめんね」ってメール送ったら「由美に関わらなきゃ良かった」って返信が来たんだ…。

それが、私には一番ショックだった。

私が全部いけないんだ、同性を好きになった私が全部いけないんだって思うようになった。

これが女子高なら、同性の先輩に憧れて好きになることもあると思う。

でも、私の学校は男女共学。

女子の恋愛対象は、ほぼ男なんだ。

よく言われたのが、普通は女は男を好きになるし、男は女を好きになるもんだ。じゃなきゃ子供だって出来ないんだぞ、って担任にも他の人にも言われた。

ただ、保健室の先生だけは私の気持ちを分かってくれてたの。

辛いときは、いつでも私のところに来るんだよって言ってくれてた。

でも、私…その時は…もう限界だった。

数こそ減ったけど、誹謗中傷は途絶えることは無かったんだ。

友達の親から私の親のところに電話が来て、私のせいで娘が学校で虐めの対象になった、って言われたみたい。

ただ好きになった人が同性の人っていうだけなのに…。

それがそんなにイケないことなの?

普通って何?

私が全部いけないの?

私、何にも悪いことなんてしてないじゃん!

そんなことが家を飛び出した私の頭の中をグルグル渦巻いてた。




本当は…私凄い後悔してる。

夕暮れの雲の切れ間から降ろされた階段を上りながら…。

飛び降りる気持ちなんか無かったのに。

保健室の先生の所に行けば良かったとか…

お母さんを悲しませちゃったこととか…

大人になれば良いことだってあるはずなのに…

後悔しても遅いんだけどね…。


あれから四十九日目。

学校は何時もと変わらない授業をしていた。

登校していなかった友達も授業を受けていて、私の机には花が置かれて寂しそうにしていた。

スマホも木っ端微塵に壊れていて、嫌な思いでも全部消えた。

保健室の先生と、登校していなかった友達が泣いてくれていたことが、私の…せめてもの癒しだった。



雲の上には一面の彼岸花。

彼岸花の花言葉を思い出しながら、一面に咲く彼岸花の中を私は天使の後について歩いていった。


おしまい。。。


今日の選曲
【帰らざる日々】谷村新司



(*´∇`)ノどもです♪

私の体験も含め、誹謗中傷撲滅として書きました。

ちょっと重たい内容ですが、何時までも無くならないSNS上での心無い誹謗中傷。

批判は考え方の違いから、あって当然の事だとワタクシ思います。

誹謗中傷は一方通行のズルい虐めです。

拡散影響力のある人が、他の人を嘘で扇動する。これはあの国のお得意芸です。
その嘘は日本に対しての誹謗中傷と言ってもいい、事実をねじ曲げて日本を悪者にして国が国民を扇動する。

こんなものは批判ではなく嘘を事実にしようとしてるだけ。

時々「批判するのはよくない」という方もいらっしゃいますが、嘘を広めようとしている人に、私は同調できません。

フェイク情報に乗せられちゃう人、フェイク情報と知りながら乗っちゃう人。

これは儲かるかも、と、フェイクと知りながら乗っちゃう人。分かりやすく言えば品薄を見込んで転売する人。

転売自体を批判しているわけではありませんのでご理解を。

つい先日もありましたよね。トイレットペーパーやマスクの転売。

豚を虎だと言い張って、扇動に煽られ豚を豚だと思っていた人も「もしかしたら虎かも」と豚を見て言っちゃう人もいるはずです。

そして豚を豚だと正論を言っている人を誹謗中傷でこけ下ろす。

自衛隊員の目の前で「人ごろし」という方々が正にそれ。

批判と誹謗中傷の区別のつかない人がいるのは事実です。

テレビや新聞等でも、印象の悪いところだけ切り取って、国民に印象操作をするのも、事実を知りながら悪いところだけを避難する、豚を虎だと言い張るメディア。

印象操作、デマを見抜く力は批判する事だと思います。

誹謗中傷は、その人に対して憎しみも嫌悪感も無い顔も知らない、という人が殆どでしょう。そうは思ってなくても、面白そうだから乗っちゃえ、という人が多いはずです。

芸能人にもお見かけしますね。事実を知らないで扇動に煽られていた方々。

顔が見えないネットは尚更です。

面白そうだから乗っちゃえ、という方は単にその情報に扇動されてるだけだと思います。

批判はあるべきものだと思います。

誹謗中傷はあってはならないものです。


言葉には、人を操る力があります。

時には人を傷付け心を壊してしまうこともあります。

相手を侮辱して貶める行為は慎みたいですね(*^^*)b

ねっ、隣国さん♪
⬆⬆⬆
あっ、これは批判ですからね( *´艸`)



では、このへんで♪

今日も最後までお付き合い
ありがとうございました♪

また来てね♪(@^^)/~~~

いつも応援ありがとうございます♪
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 誰かへ伝える言葉
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

Re:ネリム様へ♪


ネリムさま、いつもありがとうございます♪

誹謗中傷は匿名性の高いネットが多いですよね。

政府では「デジタル庁」ができるという事なので、こうした問題も対策してほしいですね。

コメントありがとうございました♪

Re:オグリン♪様へ♪


オグリン♪さま、いつもありがとうございます♪

難しい問題ですが、思いきってショートストーリーで表現してみました。

悲しいお話の中、彼岸花の花言葉で「あきらめ」「悲しい想い出」「転生」「再会」をイメージして私の体験を含め、由美ちゃんには生まれ変り幸せになってほしいと思い書きました。


>隠すか隠さないか、と、戦うか戦わないか

納得です。
今の私の場合「隠さずに戦う」を選んだ事になると思います。

執拗な誹謗中傷と肉体的な虐めは、本当に心壊れそうになります。

そういう時、相談相手や話を聞いてくれる人が、居るか居ないかで気持ちは落ち着きを取り戻せるかもしれませんね。

今は、決定的手段とは言えませんが、自殺防止対策で「命の電話」や「チャイルドライン」という相談場所がありますが、まだまだ広く知られていないように思います。

学校だけではなく、社会にも虐めが横行してますからね。

匿名性の高いSNSを何とかしないといけないと思います。

コメントありがとうございました♪

こんにちわ
誹謗中傷はあってはならないなと思いました。

ナイーヴで難しい問題。

隠すか隠さないか、と、戦うか戦わないか、だと思う。

どこかで開き直らないといけないんだけどネ。

人は一方的な攻撃に弱い、理不尽な誹謗中傷はなおさらです。

そしてそれに耐えられる人と駄目な人がいるのも事実。

私は法的にそのような人たちの避難場所を作るべきだと常日頃思っています。

自殺防止に関しても政府は決定的な手段を打てないのが現状。

お金と専門家(コンサル・心理・脳科学)をつかって一日も早く対処する問題なんですけど・・・ネ。

Re:godmina様へ♪

minaさま、いつもありがとうございます♪

由美ちゃんに感情移入されたようですね。
深く読んでいただきありがとうございます。

子供同士の虐めって容赦ないですよね(^-^;
好きだから虐める、気になって仕方ないから意地悪するという愛情の裏返しの心理も男女共にありますが、自分の気持ちに振り向いてくれないと、こんなに好きなのに何で気付いてくれないんだ、という事になり、それが憎しみに変わってしまうこともあったり…。

人間の心理って難しいです。

ねちねち虐められるんだったら取っ組み合いの喧嘩する方が…その方が私はずっといい。
それはそれで悪い結果になるかもしれませんが😃💦

匿名性の高いネットでの誹謗中傷は、言葉で相手を完膚なきまでに追い込んで自分の憂さ晴らしをする、と私には思えてしまいます。

そこには複雑な心理、感情があるのかもしれませんが、少なくとも愛情の裏返しではなく、ただ気に食わないから貶める誹謗中傷としか思えません。
最近でも、芸能人、タレントの方が誹謗中傷が原因で自ら命を落とす、といった事例が少なからずあります。

アンチ派が暴走するとこのような最悪の結果になってしまうのでしょうね。

コメントありがとうございました♪

Re:ももPAPA様へ♪

ももPAPAさま、いつもありがとうございます♪

誹謗中傷は連鎖する…本当にそうですね。
面白そうだから、とか学校での虐めは一緒にやらないと自分もやられる、自分の意思ではない強迫観念、虐めをせずにはいられない脅迫行為もありますからね…。
そんな子供が大人になっても変わらないと、会社内での虐めに繋がっていくのかな、と思います。

先日、k国の若い歌手の女性グループが、日本はk国の物をみんな盗んでいく泥棒、と言っていたのを聞いて、いやいや全く逆だろ、とワタクシ腹立たしく思いました😠💨
k国の嘘は若い人たちには、もはや疑いの無い事実となっていることに、国が先導して行う洗脳反日政策って恐ろしいですね。

錦織選手への心無いコメントはアンチ派の方なのでしょうか(^-^;
どのようなコメントなのかは分かりませんが、大人気なく、ただ嫌いだからという理由でコケ下ろすようなコメントを書く人いますよね(^-^;

いつもコメントありがとうございます♪

美香さん、こんばんは。

美香さん、いつもお付き合いありがとうございます。

私は泣きながら読ませて頂きました。
きっと美香さんご自身もいろいろと辛い思いをされたりしたから
その思いもこの物語に含まれているので、余計に私の心に
突き刺さったのかもしれません。

人は平気で言葉で傷付けますもんね。
日本人は同調しないと、その同調しなかった人を
すぐ虐めの対象にしますもんね。

私も小学生の頃クラスの皆から村八分の扱いをされて
とても辛かったです。
その理由は私が担任の先生から可愛がられたと思われたから。
たったそれだけの理由でした。
しかもそれは依怙贔屓ではなく、私が人が嫌がる仕事でも
一生懸命にやってきたから、それで先生は
私を認めていてくれたんだと思いますが
クラスのある一部の人間(大体それは性格が勝ち気で
他の人間を暴力で押さえ付ける人)が私の事を妬んで
皆に私を無視するように言ったんです。
私の教科書や上履きは焼却炉で何度も焼かれて
裸足で帰ったこともありました。
親には自分が虐められている事も言えず、「失くした」と言って
新しいものを買って貰っていましたが、毎日学校に行くのが嫌で
本当に辛かったし、何で自分がこんな目に遭わなくちゃいけないのか、とても悲しかったな。
でも、親が悲しむと思って「死のう」とは思わなかった。
誰も助けてくれなかった辛かった日々。
それが耐えられなくなって、皆の前で私の感情が爆発した。
「何で私がこんな事されなくちゃいけないの?」
大きな声で言ってわーわー大泣きしました。
それを見て、クラスの押さえ付けられていた子達が
「ごめんね」って謝りに来て一緒に泣いていた。
最後には本当の虐めっ子達も「ごめん」と謝りに来た。
それからは虐めは無くなったけど、私はその経験は
心の中に刻まれていて、人を攻撃する人間は許せないと
思うようになりました。
ごめんね。勝手なこと書いちゃって。
つい「由美ちゃん」の気持ちをシンクロしちゃって。

個々考え方、受け取り方が違い
様々な意見があって然るべきだと思います。
当然批判もあるから、意見を言ったら
その反論も受けることだってあるだろうと思いますが
それは決して誹謗中傷であってはならないし
言葉を使っての虐めであってはいけないと思います。
反論は言葉の暴力ではなく、筋を持って論ずることですから。
それが解らない人間はネット上で、氏素性が解らないからと言って
これ幸いに簡単に相手を貶めるような事を言うべきではないと
思います。

長々と大変失礼致しました。

No title

美香さん こんにちわ♪

誹謗中傷は連鎖する 特にネットを使ったそれは社会問題化されていますが、怖いことです。
真実を捻じ曲げて嘘をさも真実のように拡散しているK国のやってることは犯罪ですね。
一方で真実が徐々に暴かれていっていることもまた事実です。

ちょっと内容がずれますが、昨夜行われたテニスのハンブルグオープン1回戦で敗れた錦織選手に対して、大方は励ましのコメントが多かったのですが、中に心無いコメントが書き込まれていたのを見てとても残念に思いました。

Re:がちょー様へ♪

がちょーさま、いつもありがとうございます♪

今回のお話は、彼女の生き方を否定され、虐めにあい自殺してしまった読みきりのお話です。

人間になった猫とは対照的なバッドエンドのお話でした。

コメントありがとうございました♪

人間ネコシリーズとは違った風合いでしたね!

こんにちは美香さま♪

今回は女子学生のお話しであります
人間ネコもは違ったストーリーの流れでしたね。

このシリーズはネコとはまた違った楽しみ方がある内容、お話しでしたよ☆


プロフィール

美香

Author:美香
いらっしゃいませ♪
LGBT(トランスジェンダー)美香のブログへようこそ~♪

このブログは、私のリアルな日常や思うこと、感じたこと、など書いてます。
エッチな記事も含まれてますので苦手な方は飛ばして読んでくださいね♪

リンクはご自由にどうぞ♥

また、ご連絡いただければ、よろしければ私の方でもリンクさせていただきます♪

よろしくお願いいたします♪

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる