FC2ブログ

【いたずらカラス と なきむしこねこ】 幼児向け童話



カラスは なつのおひさまから かくれるように
カラスが いつもやすんでいる おきにいりの ちいさないけがある おおきなこうえんの 大きな木のかげで やすんでいました。

するとそこへ まっくろないろの こねこがなきながら あるいてきました。

「なんだようるさいなぁ。あのちびねこか」

いたずらなカラスは、やすんでいたところを じゃまされたので こねこにいじわるを しようと おもいました。

「どうしたんだい?ちびねこちゃん」

カラスは こねこに こえをかけたのです。

「おかあさんと はぐれちゃったんだ」

そういうと こねこは また おかあさんをよぶように おおきなこえで なきだしてしまいました。

「うるさいなー。おまえは おとこなのか?おんななのか?」

カラスは こねこに ききました。

「おとこだよ」

こねこは なきながら こたえました。

「おとこのこなら あんまり ないてると かっこわるいぞ。おれが この木のうえから おまえの おかあさん さがしてやるよ」

カラスは そういって 木のうえから きょろきょろと こねこの おかあさんを さがすふりを しました。

「おい なきむしねこ。おまえと おなじようないろをした ねこが あのどうろの むこうがわに みえるぞ。いってみろ」

カラスは うるさいこねこを とおくへ おいやろうとして どうろのむこうに ねこがみえる と うそを ついたのです。

「カラスさん ありがとう。いってみる」

こねこは よろこんで どうろへむかって はしりだしました。

「よしよし。 あいつ おれのうそをしんじて はしっていきやがった。これで ゆっくりやすめるな」

そうおもった カラスのみみに どうろのほうから クルマのきゅうぶれーきをかける おとと ププーという くらくしょんが きこえてきたのでした。

「なんだ?うるさいなー」

カラスは どうろのほうを みました。

すると どうろのまんなかで うずくまってるこねこが みえたのです。

「あいつ あんなところで なにやってんだ?はやく どうろ わたればいいのに」

すこしのあいだ こねこの ようすをみていた いたずらカラス。

こねこが どうろのまんなかで うずくまったまま うごかないので しんぱいになってきました。

からすは そらをとんで どうろをわたるので くるまの こわさを しらなかったのです。

あんまり こねこがうごかないので カラスは こねこの ところへ とんでいきました。

どうろのよこにある 木のうえにとまり カラスは こねこをみていました。

「あの なきむしねこ。 あんなところで なにやってんだ?なんで うごかないんだ?」

こねこは うずくまったままうごかない。

さすがに しんぱいになったカラスは くるまが あかしんごうで とまったときに こねこの そばへいきました。

「おい なきむしねこ。なんで こんなとこで うごかないんだよ。さっさと どうろをわたっちゃえよ」

「だって こわいんだよ」

「おまえが さっさとわたらないからだろ」

カラスが そういったとき どうろの しんごうが あおいろにかわって くるまは またうごきだしたのです。

いきおいよく こねこと カラスに ちかづいてくる くるま。

そしてカラスと こねこのよこを いきおいよく とおりすぎて ゆきました。 

そらをとぶカラスは どうろと くるまの こわさを はじめてしりました。

あまりのこわさに カラスはとびあがり どうろのよこにある 木に とんでにげました。

「おっかないなぁ くるまって。いつも そらを とんでるから わからなかった。あいつが こわがるのも わかるな」

カラスは くるまのこわさをしり くるまがこなくなるときを まちました。

そのあいだにも こねこは どうろのまんなかで うずくまったまま うごけずにいました。

すると どうろのしんごうが あかいろになり くるまが とまりました。

いたずらカラスは こねこのそばにいき こねこのしっぽを くちばしでつかみ どうろの よこの木のしたへ こねこを つれていってあげました。

「カラスさん ありがとう。すごく こわかった」

こねこは そういうと また なきだしてしまいました。

「いいか ちびねこ。もう どうろには でるんじゃないぞ」

「うん。もう ぜったい でないよ」

カラスは こねこを あぶないどうろから とおざけようと かんがえました。

「おい。ちびねこ。おまえとおなじ まっくろいねこが むこうに いたぞ。 いってみろ」

カラスは こねこを どうろから とおざけるため やさしい うそを ついたのです。

「ほんと?カラスさん ありがとう」

こねこは どうろとは はんたいの カラスが やすんでいたばしょのほうへ はしってゆきました。

「まったく せわのやける ちびねこだぜ」

そういって カラスは こうえんのなかの おきにいりの ばしょにもどりました。

カラスは木のうえから くろいこねこが こうえんのなかを はしっていく すがたが みえていました。

「やっと うるさい ちびねこが いなくなったな。これで ゆっくり やすめるぜ」

こねこをみていたカラスは ねようとしたとき いけのところで こねこのすがたが とつぜん きえてしまいました。

「あれ?あいつ きゅうに みえなくなったぞ。まぁ いいか…。しずかになったし」

ねようとするカラスに いままでとちがう こねこの なきごえが きこえてきたのです。

「あいつ…もしかしたら いけにおちたのか?」

じぶんのいったうそをしんじて ははおやをさがしまわる こねこがしんぱいになった いたずらカラス。

こかげから いけのほうへとんでいくのでした。

カラスは いけにおちている こねこをみつけました。

いけのそばに おりたカラスは そばにおちていた木のえだを こねこにくわえさせました。

なんとか いけからはいあがったこねこ。

「カラスさん ありがとう」

「まったく おまえはどんくさいやつだな。いいか おまえは おれみたいに とべないんだから まわりを よくみてあるかないと だめだろ」

こねこに おこる カラス。

「きをつけるよ。カラスさん」

たすけてくれた カラスのいうことをきく こねこ。

「いいか おまえは ここにいろ。おれが おまえの おかあさんを さがしてきてやるから ここから うごくんじゃないぞ」

「わかった」

にかいも たすけてくれた カラスのいうことをきく こねこ。

カラスは そこからとびあがり そらから こねこのははおやを さがしはじめるのでした。

すこしして くろいねこが はしりまわっているすがたを  カラスはみつけました。

カラスは くろいねこのまえに おりました。

とつぜん そらからおりてきた カラスに くろいねこはびっくりしました。

「びっくりしたー。おどかさないでよ カラスさん」

「ねこさん ねこさん。もしかしたら こどもをさがしてる?」

カラスは くろいねこに はなしかけました。

「さがしてる。カラスさん くろいこねこ みかけなかった?」

「やっぱり…。こっちにいるよ おばさん。ついてきて」

「あ~ よかったー」

そういって くろいねこは カラスのあとを ついていきました。

いけのそばに すわっているこねこをみつけた ははおやの くろいねこは こねこにかけよりました。

「もう。おかあさんのそばを はなれちゃだめっていったでしょ。こんなに ぬれちゃって どうしたの?」

こねこの ははおやのくろいねこは こねこのからだを ぺろぺろなめてあげました。

「ぼくが おかあさんをさがしてたら いけにおちちゃって カラスさんが たすけてくれたんだよ」

「あらあら からすさん ありがとう」

「カラスの おにいちゃん やさしいんだよ。ぼくが おかあさんを さがしてたら いっしょに さがしてくれたんだ。さっきも どうろで こわいくるまで うごけなくなったぼくを たすけてくれたんだよ」

こねこに やさしいカラスのおにいちゃん といわれて こねこに うそをついたじぶんが はずかしくなったカラス。

そらに とびあがり いえにかえるのでした。

いえにかえって カラスのははおやに こねこにうそをついたことは ないしょにして こねこのことを はなしました。

「いいことしたね。おまえがやさしいこどもで おかあさんうれしいよ」

ははおやに ほめられたカラスは もう うそをつくのはやめよう と おもいながら こねこと ははねこを おもいだしていました。


おしまい😾



オリジナル童話、2作目です♪
うそをついたカラスが、自分のしたことで子猫を危険な目にあわせたこと。
子猫の母親に感謝されたこと。
自分の母親に誉められたこと。
そしてなにより、子猫に優しいカラスのお兄ちゃん、と言われたことで、自分がついた嘘を恥じるカラス。
そして、自分が怖い目にあって、自分以外の立場と痛みを知るカラスのお兄ちゃんになったのであります♪

めでたしめでたし♪(*^-^)

テーマに童話というジャンルがないので、幼児教育とさせていただきました。
教育と言えるかどうか、謎ですが…(^_^ゞ

【やさしいうた】おかあさんといっしょ

【クロネコとカラス】静かな餌取り?攻防戦♪


いつも応援ありがとうございます♪
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 幼児教育
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

Re:まっ黒くろすけ 様へ♪


まっ黒くろすけさま、いつもブログ訪問ありがとうございます♪

つい先日、くろすけさんのブログにコメント書いたとき、くろすけさんのコメ返しで、私に童話のことを言っていましたよね(*^-^)
あの日から、ストーリーを考えてました(*^^*)
主人公、ストーリー、イベント、登場するキャラクターの気持ちの変化、という小説の基本型を守って、2作目を書いてみました♪

嬉しい言葉の数々、ありがとうございました♪

Re:ももPAPA様へ♪


ももPAPAさま、いつもブログ訪問ありがとうございます♪

お褒めのお言葉、また感想をいただき嬉しく思います♪

主人公を作り、ストーリーの中にイベントを作り、主人公の気持ちの変化を書く、という基本型を崩さず素直に書いてみました♪

大人の童話というのもあるので、今度挑戦してみようと思っています。

コメントありがとうございました♪

Re:がちょー様へ♪


がちょーさま、いつもブログ訪問ありがとうございます♪

オリジナル童話2作目、読んでいただきありがとうございます♪

ほとんど平仮名で書いたので読みにくかったのではないでしょうか(^^;
幼児向けとしたので、平仮名で書いてみました。
ただ、ストーリーとしては大人でも楽しんでいただけるかな、と思います♪

今度は、大人向けにアダルトなお話でも書いてみようかな~、なんて思っています♪

コメントありがとうございました♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

取り戻す優しさ!

思ってたとおり、美香さんはやっぱ童話も書けちゃう。
素晴らしい才能ありですね。

とても優しい気持ちになりました。
童話って、子供向けとかじゃなくて大人にもいいですよね。

汚れてしまった心が純粋さを取り戻せるよなそんな童話、
ありがとうございました。
(*^^*)


No title

美香さん こんにちわ♪

こういうお話 いいですね。

最近は子どもどうしの中でもゲームで遊ぶことがメインとなって
本来、いっしょに遊んだり関わり合ったりすることを通して情操
を育める場が少なくなったと言われます。

カラスとこねこのお話は、そういう"進んで関わる" ことが新たな
発見をし、絆が生まれ、共感しあえるチャンスを秘めていること
を、お話を通して子どもたちも感じ取れる内容になってますね。
素晴らしいです(^-^)

童話、拝見しましたよ♪

童話作家の美香さま、こんにちは^^

すごいですね!!
オールマイティーに作品を作ってました
美香さまの技量には脱帽でしたよ(*^▽^*)

昔読んだ童話を思い出しましたね☆彡
プロフィール

美香

Author:美香
いらっしゃいませ♪
LGBT(トランスジェンダー)美香のブログへようこそ~♪

このブログは、私のリアルな日常や思うこと、感じたこと、など書いてます。
エッチな記事も含まれてますので苦手な方は飛ばして読んでくださいね♪

リンクはご自由にどうぞ♥

また、ご連絡いただければ、よろしければ私の方でもリンクさせていただきます♪

よろしくお願いいたします♪

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる