FC2ブログ

人間になった猫…(良樹と涼子)


前回のあらすじ。

本業のペットショップで働く桜木涼子が、昼休みの時間に子供の美奈子を仕事中預かってもらっている義理兄と姉が営む動物病院へ行ったところ、偶然にも再び良樹と出逢った。
そこで涼子の娘、美奈子が良樹を見て『パパ抱っこ』と言ったことで、ポカンと口を開けて良樹と涼子を見る涼子の姉と義理兄。
そんな状態から続きをどうぞ(*^^*)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



『えっ?えっ?どういうこと?涼子?』

涼子の姉は、涼子と良樹と美奈子を順番に見て涼子に目をやった。

涼子は、居酒屋で良樹がカードケースを忘れたこと、それを家が近い涼子が良樹の家のポストに入れようとして、良樹と鉢合わせになったこと、美奈子が突然良樹をパパと呼んで抱っこをせがんだことを順を追って姉に説明した。

良樹も、涼子の説明の所々で相槌をうっていた。

『なるほどね…なんで美奈子は松原さんをパパと呼ぶんだろうね…』

良樹の足にしがみついている美奈子を見ながら涼子の姉が呟いた。

『何でだろうね…アタシにもわからない…』

涼子も困惑した顔を姉に向けた。

抱っこをせがむ美奈子に戸惑う良樹は涼子を見て、美奈子を抱き上げてもいいか聞こうとしたが、公園から白猫をTシャツのお腹の部分でくるんできたのでTシャツの汚れを気にして言い出せなかった。

『ゴメンね、おじちゃんのシャツ汚れてるから抱っこできないんだよ』

良樹は、美奈子の目の前にしゃがんで優しく話しかけた。

真夏ではあるが、エアコンの効いた動物病院内で、良樹の汗は乾きつつあった。
しかし、暑さで倒れていた公園の猫をくるんできた良樹のTシャツのお腹の部分は汚れていたのだった。

『あら、どうしたんですか?その汚れ』

涼子は覗き込むように良樹のTシャツを見ていた。

『いやぁ~、これにはちょっと事情がありまして…』

良樹は頭を掻きながら照れ笑いを浮かべた。

『松原さんは公園で倒れていた猫を、ここに運んでくれたんだよ』

涼子の姉は嬉しそうに言った。

『そうだったのですか…。猫を助けてくださりありがとうございます』

涼子は良樹に頭を下げた。

良樹は恐縮しながらも、頭を掻きながらペコリと頭を下げた。

『この子、私の妹の涼子です』

涼子の姉は、良樹に涼子を紹介して話を続けた。

『妹は以前、動物愛護センターに勤めていたので、猫も犬も大好きなんですよ』

感心したような顔で頷く良樹。

『そうでしたか。動物愛護センターって⭕⭕にある動物愛護センターですか?』

『あっ、はい。そうです。ご存知でした?』

涼子の顔が親しみのある笑顔になった。

『えぇ。12年前に一度猫を引き取りに伺いました』

『えっ?12年前?アタシが勤めて1年たった頃だ…』

驚いたように良樹と涼子は顔を見合わせた。

『え~!じゃあ、もしかしたらその時に会ってたりするんですかねぇ』

良樹は、そう言って涼子を見た。

『もしかしたら会ってるかも…。その頃、あたし犬と猫のケアと里親への譲渡を担当していました』

『ちょっと待ってください…』

良樹はそう言ってショルダーバッグからカードケースを取り出して涼子の前で開いて見せた。

そこには、ミコとブチが出窓で並んで座っている写真と、ミコとブチの顔が写っている写真があった。

『ほら、この黒猫を引き取りに行ったんです。そこの公園で毒入り餌の事件があった数日後にお伺いしました』

それを聞いた涼子の脳裏に、湧き水のように湧いてくる当時の記憶。

『はい、あの時のこと…よく覚えています。黒猫を引き取りに来た方の事も…』

涼子は、そう言うとはにかむように下を向いた。

その時、美奈子がカードケースを欲しがる素振りを良樹に見せた。

美奈子の要求に良樹は応え、美奈子の前にしゃがんでミコとブチの写真を見せた。

美奈子はミコの写真を指差し、ミー、ミーと片言の言葉でお喋りしながら涼子の顔と良樹の顔を見るのだった。

そんな美奈子を見て、少し不思議に思った良樹。

良樹は、ミコという名前も口にしていないのだ。

猫のことを赤ん坊が、ミーミーと言うのもおかしいことではないか…。

とは言うものの、自分のことをパパと呼び抱っこをせがむ美奈子。

そんなことを考えていた良樹が、更に美奈子に対して首をかしげる事になるのだった。

『ブー、ブー、ミー』

美奈子がブチとミコの写真を見ながら、指を指して楽しそうにお喋りをするのである。

涼子が美奈子の指差すブチの写真を見て、美奈子に話しかけた。

『美奈、この猫ちゃんブーっていうの?かわいいね~。じゃあこっちの猫ちゃんは何て言う名前かな?』

涼子が美奈子の前で、ミコの写真を指差した。

『ミー』

美奈子が応えた。

『ミーちゃんていうんだ。まっ黒で可愛いね~』

そう言って、涼子は美奈子の頬にキスをした。

『さ、猫ちゃん写真、おじちゃんに返そうね』

涼子は良樹のカードケースを折りたたみ、良樹に返そうとしたとき、美奈子が再び愚図りだし良樹に抱っこをせがむのだった。

『ミー、抱っこ』

『抱っこはママがしてあげるから、おじちゃんに抱っこ言わないの』

涼子が美奈子を抱き上げようとしたとき、美奈子は目の前でしゃがんでいる良樹にしがみついて泣き出してしまった。

困る涼子。

『あの…もし良ければ抱っこしていただけますか?そしたら泣き止むかもしれないので…』

『抱っこしてあげたいのは山々ですが、Tシャツ汚れてるし…』

『大丈夫ですよ。この子もそこの公園で白猫とよく遊んでるんですから』

『白猫?』

『はい、美奈子を見ると駆け寄ってくるんですよ。美奈子も白猫が大好きで、よく抱きついていますから』

『白猫って、今俺がここに連れてきた猫かな…』

『えっ?倒れてた猫って白猫なのですか?』

『はい、ベンチの上で倒れてました』

驚いて口に手を当てる涼子。

『お姉ちゃん!白猫どこにいるの?見せて?』

『今、点滴射ってケージの中で安静にしてる。心配ないよ。熱中症で意識失いかけてたみたい。でも大丈夫だよ。暫く安静にしてれば回復するはずよ』

『そうか~、お姉ちゃんんと義兄さんに任せとけば大丈夫ね。でも回復したら公園に戻すの?』

『そんなことしないよ。松原さんが引き取ってくれるって。ねっ、松原さん』

『はい、俺も独り者でミコとブチが居なくなって寂しかったですから…。自分で引き取るつもりでこちらへ連れてきた次第です』

『わぁー、嬉しいです。ありがとうございます』

動物愛護センターに勤めていた涼子は、良樹の気持ちに心から感謝をするのだった。

そんな優しい良樹に抱かれている美奈子は、顔を良樹の首の横に付けて眠そうな目をしていた。

『涼子。松原さんは前の猫ちゃん亡くなってから、毎月欠かさずここに来て、保護猫、保護犬支援の寄付をしてくれてるんだよ』

『そうでしたか…』

涼子はそう言って良樹に抱かれている娘を見ながら、良樹という男に興味を持ち始めるのだった。



続く。。。



(*´∇`)ノ ヤフー♪

どもども、連載更新遅れましてすみません(^^;

これから、良樹と涼子の関係が、急速に近付きます♪

猫がもたらした二人の関係のストーリー、人間になった猫、というタイトルの意味も想像しながら楽しんでいただければ幸いです♪

【愛が生まれた日】藤谷美和子・大内義明
なんか…
良い歌


いつも応援ありがとうございます♪

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

Re:花おばさん様へ♪

花おばさんさま、いつもブログ訪問ありがとうございます♪


待ってましたよ~(^^♪

お待たせしちゃいました(^^;


>なんとなく、見えてきました。
最初から、この展開を思われていての構想だとしたら、
なんて、素晴らしいのでしょう。

猫が人間になる、というところは何となく匂わせてます♪

ストーリーは最初からラストまでプロットで大まかに仕上げてあります。
そのストーリーを、どういう言葉で繋げるか、どういう風に繋げていくかで行き詰まることが多々あります(^^;
今回、更新が遅れたのが正にそれ、なのであります。

良樹と涼子の関係は急速に近付きますが、良樹の心に引っ掛かることが…ゴニョゴニョ

優しい良樹は、あることで涼子との関係に溝を作ろうとします。

しかし、涼子は…ゴニョゴニョ(笑)ナイショ

ということで、これからのストーリーを想像しながら楽しんでいただければ嬉しいです♪


>待ってましたよ~(^^♪

花おばさんさまの、この言葉…
とても嬉しいです♪

コメントありがとうございました♪

Re:がちょー様へ♪


がちょーさま、いつもブログ訪問ありがとうございます♪


>人間になった猫シリーズ、サスペンスあり
>ほのぼの感ありの、面白い内容であり楽しく読んでおりました。

1話から今回まで、欠かさず読んでくださりありがとうございます♪

猫がもたらした二人の出会い。
これから急接近する二人の関係。
しかし、良樹には心に引っ掛かる事があり涼子との関係に溝を作ろうとします。

これからのストーリー、楽しんでいただけたら嬉しいです♪

コメントありがとうございました♪

素敵な展開

美香さん、こんにちは。

待ってましたよ~(^^♪

なんとなく、見えてきました。

最初から、この展開を思われていての構想だとしたら、

なんて、素晴らしいのでしょう。

なんだかわくわくしますね。

みんなに幸せになってほしいものです。

一気に読みました。

美香さんの才に、乾杯!

お会いでき、素敵な物語を拝見でき、いい時間になりました。

人間になった猫シリーズ続編

人間になった猫シリーズ、サスペンスあり
ほのぼの感ありの、面白い内容であり楽しく読んでおりました。

今回もそろそろシリーズ再会?かな??ってww
小説も堪能しておりましたよー

次回もこれからの展開が気になってましたね☆


Re:godmina様へ♪


minaさま、いつもブログ訪問ありがとうございます♪


>今日は店で予約が入っているので
ゆっくりと作品を読んで感想をコメント出来ないのが残念ですが
明日又ゆっくりと拝読させて頂きますね。

お仕事優先商売繁盛なによりであります(*^^*)

私へのコメントなんて、ついでの時でかまいませんよ~😺

お気になさらず(*^^*)b

>因みに、私の本名は「美奈子」なんですよ(笑)
何か親近感湧きます。

あらま(^^;
これは失礼致しました。
小説を書き出した十数年前…
女性の名前や男性の名前を日本人名で書いたら、親近感が湧いて物語に入り込める、と言われた事がありまして…
以来、小説の登場人物は日本人名にさせて頂いてます♪
minaさんにも、親近感が湧く、と言われて『良かった~』と思うワタクシであります♪

寛大な御言葉、ありがとうございます。
感謝致します。

コメントありがとうございました♪

Re:ももPAPA様へ♪


ももPAPAさま、いつもブログ訪問ありがとうございます♪

人間になった猫を読んでくださり、ありがとうございます♪

美奈子ちゃんの謎の片言お喋り♪

美奈子ちゃんは、二人の仲を繋げる鎹のような存在にしたいのですが…

この先はナイショ(*^-^)

愛が生まれた日、歌詞もメロディも私好みでいい感じです♪

コメントありがとうございました♪



Re:オグリン♪様へ♪

オグリン♪さま、いつもブログ訪問ありがとうございます♪


>【愛が生まれた日】、25年ほど前の曲?もっとも歌ったデュエットだなぁ。

私が10代前半の頃なんですね♪
ユーチューブでも、この曲はカラオケバージョンが多いですね(*^^*)

デュエットソングは60代の方に、カラオケ誘われて10年前くらいに、北空港を歌ったきりです♪

私も最近は、カラオケ行ってませんね~
足が悪いと出不精になります(^^;

【あなた】をオネーチャンの名前に変える♪
カラオケあるあるですね(*^^*)


>今でも歌詞見ないで歌えると思いますよん♪

大好きな歌はそうなりますよね♪


ついさっき、ニュースで見たのですが…
新潟で、気温40度をこえたとか(>_<)

日本海の方は、高温になってるのですね…
新涼はまだまだ先?なのでしょうか…
体調崩されませんように。

コメントありがとうございました

No title

美香さん、こんにちは。
いつもブログご訪問ありがとうございます。

今日は店で予約が入っているので
ゆっくりと作品を読んで感想をコメント出来ないのが残念ですが
明日又ゆっくりと拝読させて頂きますね。
因みに、私の本名は「美奈子」なんですよ(笑)
何か親近感湧きます。

No title

こんにちわ♪

人間になった猫

2人の縁をとりもつ? 女の子 美奈子ちゃんの片言の言葉
そして、ニャンコの持つ目に見えないパワー

お話の今後の展開を左右する大きな要素になるんでしょうか

続きが楽しみです。


この曲 藤谷さんのデビューシングルでドラマの挿入歌でしたね。
透き通った声が印象的な曲でした。

藤谷美和子・・・残念。

【愛が生まれた日】、25年ほど前の曲?もっとも歌ったデュエットだなぁ。
まだ、俳句もやっていない、ギターも復活していない頃でスナックにもヨク行っていたッス。
今はカラオケなんて数年、いや五年に一回ぐらいなのに、毎週だったよね。

>愛が生まれた日この瞬間(とき)に真実はひとつだけ【あなた】とならば生きてゆけるぅぅぅぅ♪

の、【あなた】を、オネーチャンの名前に変えるすでにオヤジでしたワ。

今でも歌詞見ないで歌えると思いますよん♪


暑い、新潟、36℃こえましたぁぁぁぁぁ、死んじゃう~♪

Re:まっ黒くろすけ様へ♪

まっ黒くろすけさま、いつもありがとうございます♪

そして、私の拙い小説を読んでいただきありがとうございます♪


美奈子の片言のお喋り、ブーとミー…謎ですね(笑)
この謎は後で解ります(*^^*)b

良樹も涼子に好意を抱いています。
涼子も良樹に興味を持ち出しました。

しかし、良樹はあることを気にして、涼子との関係に溝を作ろうとしてしまいます。

そこで美奈子が………

猫がもたらした大人の恋を、お楽しみいただけたら幸いです♪

家政夫ナギサさん、最終回観てなかった(^^;
TVerで観れるかな…

8日には特別編放送しますね♪
お見逃しなく~(*^^*)b

今回のストーリーに合う歌を探していたら、この歌を見つけました♪

愛が生まれた日…曲名も歌詞も良いですね~♪


>ワ~ォ!続きが読めたぞ。
嬉しい!(*^^*)

くろすけさんの、この言葉…
嬉しかったです♪

ありがとうございました♪

美奈子ちゃんは、キューピットに!

こんにちは。
いつもありがとうございます。

ワ~ォ!続きが読めたぞ。
嬉しい!(*^^*)

美奈子ちゃんの言動(片言)は、意味深ですね。
美奈子ちゃんには、無意識下のスピリチュアルを感じました。
良樹には、癒されます。
猫たちが取り持つ縁、Happyを願いながら、益々楽しみにしています。

最近珍しくテレビ見て「私の家政婦ナギサさん」のナギサさんに癒されてました。
癒し系に随分と弱くなりました。(((^^;)

愛が生まれた日、そう言えばカラオケで歌ったことあったなぁ~。
プロフィール

美香

Author:美香
いらっしゃいませ♪
LGBT(トランスジェンダー)美香のブログへようこそ~♪

このブログは、私のリアルな日常や思うこと、感じたこと、など書いてます。
エッチな記事も含まれてますので苦手な方は飛ばして読んでくださいね♪

リンクはご自由にどうぞ♥

また、ご連絡いただければ、よろしければ私の方でもリンクさせていただきます♪

よろしくお願いいたします♪

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる