FC2ブログ

タイトル画像

想い出を繋げて…

2020.07.05(18:15) 557


ただ過ぎ行く時を見つめ

ただ流れ行く雲を見つめ

この移り行く季節の中で

想い出に心を遊ばせれば

優しい花は私を慰め花弁を落とした

大きな木は私を抱きしめ枯れていった

穏やかな日だまりは花のように優しく

暖かな日は私を抱きしめてくれたのに

その日だまりまでも雲が消してしまった

時の流れに柵ができたように花も木も

日だまりさえも時の流れが止まった今

貴女が好きだった雨の日曜日に甦る記憶は

暖かく優しい貴女がくれた

手のひらの中の黄昏…




砂浜ではしゃぐ人を見ていると

楽しかったあの頃の想い出に酔えるの

二人で歩いた浜辺に今日は一人

寄せる波に想い出を浮かべて

貴女の途切れた想い出に
私の命を繋げてあげたい

貴女の止まった時を
私に繋げてほしい…


美香。。。

【あいたい】林部智史

いつも応援ありがとうございます♪
関連記事
スポンサーサイト





移り行く日々の徒然に…


<<たばこの煙り…(短歌、川柳、都々逸、折句) 詩 | ホームへ | 雨音…>>
コメント
まっ黒くろすけさま、いつもブログ訪問ありがとうございます。

想い出って、ふとした切っ掛けで甦ること多いですよね。

甦るというか、半強制的に想い出してしまう?ような気がします。

大切な想い出は忘れちゃいけない、という事を忘れさせないものなのでしょうか…(^^;ヤヤコシイ

コメントありがとうございました。
【2020/07/06 19:01】 | 美香 #6facQlv. | [edit]

花おばさんさま、いつもブログ訪問ありがとうございます。

今回は、雨降りの後、夕方に夕陽が部屋に射し込んだ時、想い出に包まれ心に浮かんだ言葉を詩にしました。

二つ目の歌詞のような詩は、20代の時に砂浜で書いた詩です。

やはり想い出を言葉にしたものです。

コメントありがとうございました。
【2020/07/06 18:20】 | 美香 #6facQlv. | [edit]
様々な想い出の蓄積、その悲喜こもごも、それらが今の自分を脚色してる。。。色々思い浮かべて拝読致しました。
最後には、やはり愛する人に繋げていくのですね。
愛する人の存在は、生きる糧ですね。
なんかしみじみ想い出ってなんだ?なんて考えるくろすけに今なりました。
美香さんのところにお邪魔すると、自分自身を顧みることができることが多いです。(*^^*)
ありがとうございました。
【2020/07/06 11:33】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
美香さん、こんにちは。

みなさんもおっしゃるように、流れるような言葉の紡ぎ。

毎回同じことコメントしていますが、

某様宅でもありましたが、人の脳内の才、不思議かつ、素晴らしいと感じます。

うらやましいですね。

次から、次へと紡がれるそのことのは。

今回も、うっとり、拝読させていただきました。

ありがとうございます。
【2020/07/06 08:32】 | 花おばさん #- | [edit]

ももPAPAさま、いつもブログ訪問ありがとうございます。

心に刻まれた想い出は、その時の光景に似た状況で記憶を鮮明に甦らせます。
それが楽しい想い出でも、悲しい想い出でも…

コメントありがとうございました。
【2020/07/06 06:39】 | 美香 #6facQlv. | [edit]
美香さん こんばんわ♪

過ぎ去った日々の思い出に思いを馳せると、そのときその
日ひとつひとつの出来事、命と命の触れ合いが、いかにか
けがえのないものだったかと改めて思うこの頃です。

出会いに感謝 別れを惜しみ前を向く 思い出を懐に大切
に抱いて・・

今回もジワ~ っと滲みる詩と歌を
ありがとうございます。



【2020/07/05 22:10】 | ももPAPA #Wgi4adpQ | [edit]

がちょーさま、いつもブログ訪問ありがとうございます♪

今回も読んでいただきありがとうございます。

想うこと、そのまま言葉にしました。

コメントありがとうございました。
【2020/07/05 19:38】 | 美香 #6facQlv. | [edit]


こんばんは美香さま

詩も拝見しましたよー
美香さまの考え、そして素晴らしいコトバも見えてきましたね☆彡
【2020/07/05 19:12】 | がちょー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する