FC2ブログ

タイトル画像

長閑し日だまりのように…

2019.11.27(06:12) 398


)貴方に愛されてきた幸せは

)雑念を無くして無垢の心になり

)恋愛の果てに辿り着いた私は今日

)貴方の花嫁となる…

)長閑し日だまりのように

)伴侶として貴方を慕い

)和む心に貴方を包んでいきたい…

アザレア
画像 Wikipedia





どもです(*´∇`)ノ♪
またもや花の詩花言葉のお時間ですー♪

本日のお題は【アザレア】です(*^^*)b

上記の詩は白いアザレアの花言葉と
【アザレアの花】という言葉を含めた
折句として書きました。

(あなたに愛されて幸せ)の花言葉は結婚式の花嫁の幸せなイメージに由来するものです。


アザレア全般の花言葉
(節制)(禁酒)(恋の喜び)


色別の花言葉

【赤いアザレア】
(節制)(節度の愛)
赤の誕生花
3/22 8/8 12/22

【白いアザレア】
(あなたに愛されて幸せ)(充足)
(満ち足りた心)(愛を知った喜び)
白の誕生花 1/8 3/9

【桃色】
(青春の喜び)
桃色の誕生花
3/18 3/19


西洋の花言葉
(節制、禁酒)(私のためにお体を大切に)
(もろさ、はかなさ)


アザレアの名前の由来はラテン語の「azaleos アザロス(乾燥)」を語源とし、アザレアが比較的乾燥した土地を好むことに由来するそうです。

節制、禁酒という花言葉も乾燥した土地で水が少ないことから来ているのでしょうか…定かではありませんが…。

※日本での主な生産地は新潟県などで品種改良も盛んで、鉢植えとして冬頃に出回る
冷蔵処理をされているため、5月であるはずの本来の開花期とは違う時期に開花株が出回るそうです。


科・属名
ツツジ科ツツジ属

英名
Azalea

別名
セイヨウツツジ

原産地
日本、中国、台湾

開花期
4~5月

アザレアの花には、神話や伝説のようなお話が見つけられませんでした。

無いのなら花言葉で物語を自分で作っちゃおうと思い、(禁酒)と(もろさ)を使って短いお話を日本昔話風に書き始めたのですが…

途中まで書いて、これはすぐにできるようなお話ではないな…と思い途中で断念…😃💦

次の記事をアップする前にできたら追記で載せようと思ってます♪

ではこのへんで…

最後までお付き合い
ありがとうございました😆💕✨

また来てね(@^^)/~~~➰💋


【ありがとう】いきものがかり
ありがとうと思ったとき
言葉にすれば…
素直な感謝の気持ちは
そのまま伝わるのだと思います♪

にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
関連記事
スポンサーサイト





移り行く日々の徒然に…


花の詩と花言葉 トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]
<<重なる想い… | ホームへ | 霧に包まれた朝…>>
コメント
オグリン♪さん、いつもブログ訪問&コメントありがとうございます(*^^*)

新潟ツツジナンバーワン♪ヽ(´▽`)/

それにしても、何故促成栽培にするのでしょうか…。

開花時期と誕生花の時期も合わないから、私も少々混乱しました(^^;

確かに、俳句の季語としては迷いますよね…。

本来は五月頃に咲く花が冬に出回るのですからね。

これは、躑躅ナンバーワンの新潟市秋葉区で躑躅は冬の季語として定着させるべきだと思われます♪

それから、躑躅(ツツジ)…漢字難しすぎです( ̄▽ ̄;)

音読みでチャクテキとも読むようで、ツツジとはあまり関係ない、躍り上がる、みたいな意味を持つそうですが、実は間接的にツツジが関係しているのが分かりました(*^^*)

何にどう関係しているのか…

ここでは、お答えしません( *´艸`)

調べてみたらなかなか面白い意味を持つ漢字でした♪



オグリン♪さま、ありがとうございました♥
【2019/11/28 15:00】 | 美香 #6facQlv. | [edit]
美香さん、おはようございます。

はい、我が新潟県(新潟市秋葉区がメイン)がNo1でございます、エヘン♪

元々は躑躅をベルギーで品種改良したらしいですね、江戸時代には既に逆輸入?されていたようです。

姉貴のトコにもあります。

よぉぉぉぉく見ると躑躅ですよね、八重咲きはカーネーションみたいッスけど。

早春の花なのに、促成栽培されちゃってネ~。

俳句の世界では、オランダ躑躅、西洋躑躅などと言われ、春と秋の季語として混乱中で、現在は収拾がつきません(笑)。

いっその事、冬躑躅として、冬季にしてしまえばと思いますが、なかなかそうはいきませんWA、あはははは。
【2019/11/28 05:54】 | オグリン♪ #- | [edit]

窓さん、いつもブログ応援ありがとうございます♪


愛の原始的なもの…

慈愛とか慈悲になるのでしょうか…

愛を深く探れば神や仏に辿り着くといます。

そこから派生した数々の愛。

その中の親が子に対する慈愛。

親の慈愛に対して報いるのが、子が親に対する思いやりや情、敬いが慈悲と言われるものなのかな、と思います。

楽しみを分け与えて苦を取り除くのが慈悲と言われるので子が親に対する行いそのものですよね♪

慈愛にも慈悲にも見返りは存在しないものだと思います。

愛する人に会えない苦しみを持つなら愛する人に会うな。

そうならないためには愛する人をつくるな。

愛する人を失うのは災いになる…

愛する人も憎む人もいなければわずらいは生じない…


このあとも仏教では、愛を迷い事の源として続きます。

この辺りが、アダムとイヴの禁断の木の実に似ているな、と思います。

仏教では愛する人をつくることが、アダムとイヴの禁断の木の実を食べたことと同じになるような気がします。

裏を返せば愛には迷い事があるけど、それぞれを覚悟の上なら愛する人をつくるのもあり、とも思いますが(*^^*)

創世記はアダムとイヴから始まりノア、モーセの十戒に見られる災いまで続きます。

愛は災いと憂いと苦難を生ずるものになっていますが、そこに慈愛と慈悲が生まれるものと思います。

恋愛感情は最初は上部だけの感情で、愛が深くなるにつれて心からお互いを思いやる感情が生まれて、それから先は慈愛、慈悲の後から気付くような無意識の愛に育っていくのかな、と思ったりします。

私には子供がいないので親の気持ちというのが分かっているようで分かっていない部分が多いと思います。

親の愛とは口では表現できないところもあると思います。

子供の気持ちも親には分からないところもあると思います。

老いては子に従え、ということわざも全てにおいてではなくとも、子に任せるのもありだと思います。

親の深い愛(慈愛)には、子の親に対しての思いやり(慈悲)で応えてくれるものと思います(*^^*)b

なんか…よくわからないことをグタグタ並べて書いてしまいました😃💦

すみません<(_ _*)>


【2019/11/27 21:10】 | 美香 #6facQlv. | [edit]

さえきさん、いつもありがとうございます♪

すんなり折り込んだ言葉に感激です♪

画面を見ながら他にもないか探しました。

でも他には見つけられませんでしたが…😃💦

素敵な折句のコメントありがとうございました😆💕✨












【2019/11/27 18:44】 | 美香 #6facQlv. | [edit]
美香さん、ありがとうございます♪
包まれる、という言葉が今、私のこの年齢になると、
恋愛感情というより、より愛の原始的なものとして感じます。
神様はこの世に、アダムとイブを創ったのはなぜか。
出産だけではないと思います。
【2019/11/27 16:13】 | 窓 #C6mduWPs | [edit]
アザレアってピンと来なかったので即ググってみました。
残念、最初抱いたイメージとだいぶ違ってましたよ(笑)。
れっきとした木本の花なんですね。草本に見えますけど。
ああ「節制・禁酒」という花言葉が耳に痛いです(笑)。
【2019/11/27 13:56】 | さえき奎(けい) #zjDuAsyg | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する