FC2ブログ

秋の朝…



丸くなる猫の寝姿秋の朝

美香



(*´∇`)ノヤフー♪

美香ちゃん俳句に挑戦であります♪

まずは日常の風景から愛猫トマトの寝姿を詠んでみました(*^-^)

20200220182218c1b.jpg

写真撮り忘れたので、今年の2月の写真です♪

そして昼間のトマトは…

202008280605127f2.jpg

寝相の悪いトマトです(*^-^

愛しいトマト、私の家族
いつまでも元気でいてほしい…

【猫の惑星】打首獄門同好会


追記…

立憲民主党の石垣のりこ参院議員不適切発言

立憲民主党の石垣のりこ参院議員(46)
立憲民主党議員にはこのような考えを持つ輩がいるという事を私達国民は肝に命じておきましょう。

あまりにも腹が立つ発言なので、追記としました。


いつも応援ありがとうございます♪
スポンサーサイト



テーマ : 俳句
ジャンル : 小説・文学

虹を探して…


雨上がりの空見上げ

虹が出るのを待っていた

もしも虹が空に掛かれば

渡ってあなたに逢いに行くよ

あなたの好きな青色の

橋を渡ればきっと逢えるよね


雨上がりの空見上げ

心に残るあの約束も

もしも虹が出たならきっと

渡ってあなたに逢いに行くよ

紫色の夢の中でも

橋を渡ればきっと叶うよね…



哀しみは虹を渡れば消えるかな

虚しさは虹が出たら消えるかな

雨上がりの虹を探して

虹を渡ればあなたに逢えると想いたい

話したいこといっぱいあるんだ…


軒先の雨垂れが頬に当たって

雨の滴が涙に変わった

雨上がりの午後…


雨上がりの空見上げ

溢した涙は雨の滴に薄められ

永久に微笑むあなたの写真に

ほんのちょっぴり笑顔になった

虹を探した雨上がりの午後…



(*´∇`)ノヤフー♪

昨日、お仕事中のパートナーから「綺麗な虹が出てるよ」と電話がきました。

すぐに部屋の窓を開け空を見上げるも、私のところからは虹は見えませんでした。🌈

そして、ふと思い立ち、数年前に書いた詩をアレンジして歌詞として書き直してみました♪

暗い感情詩を少し書き直したら、ちょっぴり明るく切ない歌詞になりました♪

明るいバラード調で、メロディもつけてみようかな…
なんて思っていますが…
センスないからなぁ…(^^;

やめとこ(笑)



では、短歌二首で締めさせていただきます♪


七色の虹は渡れぬ橋だけど虹の女神に想い託して

美香


雨上がり雨水残る水溜まり涙雨(るいう)重なる幻の虹

美香

今日もお付き合いありがとうございました♪

また来てね(@^^)/~~~

【虹の彼方に】コニー・フランシス】

天に繋がる虹の橋
逢えなくなった愛しい人への
メッセージを女神に託して…

いつも応援ありがとうございます♪

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

移り行く季節… (言葉遊び)




)金色に染まる空の雲

)暑いはずの八月の朝…静かに涼しい風が吹いた

)群青色の空と、まだ明けきらぬ夜の名残が重なる空の下で

)過ぎ行く時間の中に聞こえた微かな虫の声に聞き耳をたてた…

)移り行く、情緒溢れる日本の四季の変化を感じた朝に思うのは…

)もうすぐ秋


【言葉遊びの答え合わせ♪】

詩の中にある二つの言葉は…

もうすぐ秋」でした(*^-^)


美香。。。



(*´∇`)ノ ヤフー♪

まだ暑い日が続きますね(^^;

上記の詩は言葉遊びとして11年前に書いたものです♪

この詩の中に同じ言葉が二つあります♪

探してね♪

シンキングタイム(*^^*)b


熱中症には、引き続き十分気を付けましょうね♪



自然の力には本当に無力な私達。

昔は、地震、雷、火事、親父と怖いものを挙げていたそうですが…

今は、地震、台風、大雨、新型コロナウイルス、雷とでも言えばよいのでしょうか…

台風は大型化、雨は豪雨、地震はいつ来るか分からない。

アメリカでは今までにない規模の山火事。

中国では6月に雪が降り、今では止まない大雨で広い範囲の大洪水。

日本は自然災害の多い国。

いざというとき慌てないように、河川のハザードマップ、避難用具、非常食は持ち出しやすいところに置いておきましょう(*^^*)b

【季節を抱き締めて】

過ぎ行く季節は戻らないけど
想い出だけは残っていく…
季節毎の想い出は
季節毎に抱き締めていたい…

美香。。。


いつも応援ありがとうございます♪

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

猫の仕草…


猫の短歌


癒されるよね♪

寂しさに猫を抱きしめ話しかけ閉じるまぶたで返事する君


意思の疎通を感じます♪

傍にある温もり触れる愛しさに名前を呼べば応える尻尾


いつもと違う缶詰で好き嫌いがわかります♪

ご飯だよ鳴いて駆け寄り匂い嗅ぎ埋める仕草で部屋で暴れる                                                    

飼い主として幸せを感じる猫の愛♪

見つめられおいでと呼べば尻尾立て私の足に絡める尻尾


探り愛♪

言葉知らねどお互い見つめ
仕草読みとる主と猫




(*´∇`)ノ♪ヤフー                    

今日は、ちょっと涼しい横浜♪

セミの声も聞かないまま、秋はもうすぐそこまで来てるんるん♪


童謡【春よ来い】のメロディで(*^^*)b

あーきよこい♪
はーやくこい♪
なーつに負けそな美香ちゃんは♪
あーかや黄色の紅葉を♪
おんもで今かと待っている~♪

と、いうことで(*^^*)

過酷な夏はとっとと去るのじゃ♪
ポイッヽ( ´ー‘)ノ⌒夏…(@^^)/~アディオス

秋はすぐそこ(*´-`)



そんな暑い中、先日パートナーが来てくれました♪

買い物に行くのも辛い私に、あれやこれやと買い物をしてきてくれました(*^^*)感謝♪

そして、パートナーが部屋に入ってすぐに奇妙な音が聞こえてきたのです。

「きゅっ」

『?』
『?』

『何の音?』
『わかんない…』

「きゅっ」

『まただ…』

『ポルターガイスト?』

と、パートナー。

「きゅっ」

『(´゚ω゚`)なにこれ…』

怯える私。

『ずっと鳴ってた?』

私に聞くパートナー。

『今まで鳴ってなかったよ…あなたが来てから鳴り出した』

応える私。

『何か連れてきちゃった?』

『えー(^^;』

「きゅっ」

間違いなく部屋の中から聞こえてる。

天井を叩いたり壁に耳をあてたり、と音を探る二人。

「きゅっ」

『わかんない~』

そんなことを暫く続け、結局わからず二人で晩御飯を食べ始めたのであります。

その間にも「きゅっ」は続いた。

その度に部屋を見回す二人。

『これじゃ、今夜眠れそうにないし…なんか怖い…』

ボソッと呟く私の目にあるものが見えた。

『もしかしたらこれじゃない?』

パートナーに外してもらい点検。

裏に書かれてある説明を読むと…

「電池寿命は10年です。電池残量が少なくなると50秒おきに音が鳴ります」

と書いてあった(笑)

そう、火災報知器なのであります。

丁度、今年が10年目なのであります。

製造年月日が2010年の9月。

今年は2020年、今は8月。

正確ですね(*^^*)b

二人で感心したのでした(笑)


それから数日後…

パートナーが、電話で呟くのでした。

『ヤマアラシのジレンマだよ』と…。

『何それ?』と私。

『ヤマアラシのジレンマって知らない?』

『知らない…』

『ググれ』

『おkー………なるほど…』

『わかった?』

『わかった(*^^*)』

『会いたいけど…会ってコロナで感染させちゃったら不味いし…無症状もあるからね…。美香ちゃんとこ行くときはいつも気になってる…』

火災報知器が「ぴゅっ」と鳴ったときに来てくれたのは、私が『寂しいなー』と言ったから。

最近、来ないのは猛暑で疲れてるからかな…、と思っていた私。

私は、腎臓の薬で免疫抑制剤を飲んでいる。

私は、パートナーの優しさに素直に『ありがとう』と言ったのでした。


ヤマアラシのジレンマとは、お互いが近付けばお互いの針で傷付けてしまうということ。
パートナーはコロナウイルスに例えていたのでした♥

ドイツの哲学者ショーペンハウエルの寓話(ぐうわ)から生まれた考えだそうです。
詳しく知りたいかたは、ヤマアラシのジレンマ、ハリネズミのジレンマでググってね♪

では、このへんで。

また来てね(@^^)/~~~

【愛してる】


いつも応援ありがとうございます♪

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

夢鏡…


川で遊んだ遠い日の夏

山で吸い込んだ緑の香り

懐かしさは心に潜む記憶

想い出に浸る夢の中で

波に崩れた砂の城を見て目が覚めた

狭い部屋は西陽に焼かれ

崩れてゆく砂の城の残像

夢は心を映す鏡のように

想い出を映していた…


美香。。。


【大切な何かを想い出そう】



どもです(*´∇`)ノ ヤフー♪

毎日毎日毎日毎日毎日暑いですが…
皆様如何お過ごしでしょうか?

暑いと書くより、熱いと書いても
おかしくない熱波( -`Д´-;A)


夏へ…

もう勘弁してくださいヽ(;▽;)ノ
早くどっか行ってください🙏オネガイシマス

夏にお願いしたところで…

復活美香ちゃんであります♪

皆様、ご心配をおかけしました(^^;

頭痛も微熱も治まり復活であります。

武漢肺炎も暑さと共に猛威を奮い、中共と台湾の小競合いが始り、台湾の地対空ミサイルが領空侵犯の中国の戦闘機を追回し撃墜寸前、台湾戦闘機は中国戦闘機を撃墜したとか?

でも…日本のマスコミは知らん顔…
( ´-ω-)y‐┛~~ヤレヤレ

台湾の本気の防衛。

日本のすぐ側で戦争は始まりつつあります。

中共が南シナ海で不法に軍事基地を拡大している人工島。

公に尖閣諸島を返せ、沖縄を返せと日本に詰め寄る中共。

日本の平和憲法だけで守れるはずがないです。

戦後、法律の後付けで欧米各国は自分達のしたこと(亜細亜諸国占領支配)は棚にあげて日本だけを悪者にした東京裁判。

そこにつけこむ中国と韓国。

韓国の言い掛り的な反日教育。

真実を知れば、それ(反日教育)をまともに受け取るのがアホらしくなる。

更には、日本は亜細亜諸国に酷い事をした、と教え込む自虐的な間違った教育。

真の敗戦国は、亜細亜諸国を占領支配していたのを、旧日本軍に追い出された欧米列強です。

戦争は誰でもしたくないものです。

でも、そうしなければならない時もあるものだと思います。

戦争抑止のため(他国から挑発、侵略できないようにする)にも、軍事力増強は大切なことと思います。

台湾では、アメリカからF16戦闘機を60機購入を決めました。

戦力増強です。

亜細亜で今でも日本を敵視しているのは中国、韓国、北朝鮮。

韓国は戦後、日本の領土である竹島を不法に占拠しています。

中国は尖閣諸島、沖縄を返せと領海、領空侵犯を繰り返しています。

それにしても、韓国の反日は酷すぎる。

言い掛かりもいい加減にしろ!と声を大にして言いたいです。

一般の韓国人の方々は、嘘だらけの反日教育で刷り込まれてきたのですから仕方ないと言えば仕方無い。

でも、真実の歴史を調べれば間違いがわかるはず。

感情だけで反日を繰り返してきたからこそ、今は中国同様世界から孤立しつつあります。

日本を敵視している中韓にすり寄る日本の議員、マスコミ。

日本人になり済まして日本にいる中韓のスパイ。

日本の広大な土地を買い占めている中共。

早急に憲法改正して、日本の国土を護りましょう。



戦後日本に残してくれた亜細亜各国の言葉です。


『この大戦は植民地主義に終止符を打ち、白人と有色人種との平等をもたらし、世界連邦の礎石をおいた。
あの戦争の敗者は日本ではない。真の敗者は植民地をほとんど失った欧米列強だ』
SF作家 H.G.ウェルズ


『日本が立派にやりとげたことは、欧米の植民地帝国を完全に破壊したことである』
中華民国顧問 オーエン.ラティモア


『東京裁判は正義ではなく、明らかなリンチだ。私たちアメリカがどうして日本を罰することができるのか?私は理解できない』
社会学者 ヘレン.ミアーズ


『我々を白人支配から救いだしてくれたのは日本だった。我々は大戦終盤に日本を見限ったが、その恩は忘れない。日本ほどアジアに貢献した国はない。日本ほど誤解を受けている国はない。真の独立記念日は1948年1月4日ではない。1943年8月3日だ。独立の真の理解者は東條大将と大日本帝国だった』
ビルマ(現ミャンマー)首相 バ.モウ



『日本のおかげでアジアは独立できました。日本というお母さんは、母体を壊してまでもアジア諸国という子供を産んでくれました。今日、アジア諸国が欧米と対等に話ができるのは誰のおかげか。それは自らを殺してまで産んでくれた日本というお母さんがあったからだ。我々は、お母さんがお産を決意した12月8日を、全ての力を出し尽くし私たちの国を産み、力尽きた8月15日を忘れてはならない』
タイ首相 ククリット.プラモード



『我々は日本軍を歓呼で迎えた。日本は将来の我々の独立のために多くのモノをもたらしてくれた。我々が日本から学んだ最大のものは、国を守る術だった。かつて日本人は清らかで美しかった。かつて日本人は親切で心豊かだった。アジアの国の誰にでも自分のように一生懸命尽くしてくれた』
ASEAN提唱者 マレーシア上院議員
ラジャ.ダト.ノンチック


『日本の統治は過酷なものだった。しかし日本軍により欧米のアジア支配は粉砕された。これはアジアに自信を与えた。大戦後15年以内にアジアの植民地は全て解放された』
シンガポール首相 ゴー.チョクトン


『あの戦争は我々の戦争であり、我々がやらなければならなかった。それなのに全て日本に背負わせ、日本を滅亡寸前まで追い込んでしまった。申し訳ない』
インドネシア元情報相 ブン.トモ



『高い理想と目的の高潔さに動かされたある国が、アジアの独立と民衆の解放に生命と財産の全てを犠牲にした。その名は日本という極東の島国だ』
ビルマ外相 ウ.ヌー


『私は、この裁判を引き受けた当初は正直後悔した。勝ち目がない裁判だからだ。しかし研究、調査を重ねるごとに被告の無実が証明されていった。最初から日本に20年間一貫した世界侵略の野心など全く無かった。私は断言できる。彼らは全員無罪だ。もし彼らを裁けるものがいるとすれば、それは日本人だけのはずだ』
ローガン弁護人



『かつて精強を誇った日本軍も、最後は精神力のみとなり敗れていった。だが、何かが残った。西洋人をアジアから追い落とした、という結果だ』
英印軍総司令 マウントバッテン卿



『(サンフランシスコ講和条約において)なぜアジアが日本が自由であることを望むのか。それはアジアにとって日本が唯一信頼できる国であったからだ。日本の理想に独立を望むアジアの人々が共感を覚えたことを忘れないでほしい。憎しみは憎しむことで消えない。愛することで消えるのだ』
スリランカ大統領 ジャヤワルデネ



『インドはまもなく独立する。この独立の機会を与えてくれたのは日本である。インドの独立は日本のおかげで30年も早まった。インドだけではない。ビルマもインドネシアもベトナムも東亜民族は同じである。インド国民はこれを深く心に刻み、日本の復興には惜しみない協力をしよう』
インド法曹界長老 パラバイ.デサイ博士



『なぜ日本が謝るのでしょうか?あの大戦でマレーシア人と同じ小さな体の日本人が大きな体のイギリス人を追い払ってくれたではないですか?日本なくしては、東南アジアの独立はありませんでした。この日本の払った尊い犠牲を否定することはバックミラーばかり見ているようなものです』
マレーシア外相 G.シャフエー


『日本の占領は大きな利益をもたらした。第一に、基礎教育。第二に、軍事組織。第三に政府機構。これはインドネシア独立の基礎となった』
インドネシアの教科書



『日本兵は餓鬼の中、勇敢に戦い死んでいった。この絶望的な、しかし勇敢な行動はインド独立の糧となった。この慰霊碑は日本兵の供養であり、独立インドの象徴なのです』
インパール作戦慰霊碑のある村の村長



『日本にはファシストもヒトラーもナチスもムッソリーニも存在しなかった。ファシストの名にふさわしい東洋人を挙げるならば、それは蒋介石だ』
歴史家 クリストファ.ソーン



『韓国の近代化は日本の莫大な資本と人材によって為し遂げられたものである。誰も日本からの独立など望んでいなかったのに、アメリカに強制的に独立させられたというのが真実だ』
評論家 金満哲




『日本以外の方は、特攻隊員が洗脳されてたり、狂信的なものと想像することでしょう。彼らの遺書を読めば狂信者とは程遠い存在であることがわかります。彼らが守りたかったのは母であり、妻であり、愛する家族だったのです』
マレーシア外相 G..シェフェー


隣国3国以外は日本の功績を認めてくれている各国。

亜細亜各所には、日本人を称える銅像や碑があります。

戦争は悲惨なもので悲しい事でもあります。

中国、韓国の嘘に騙されないようにしましょう。

今の日本を残してくれた英霊に感謝しつつ、終わりにしたいと思います。

長文、最後までお付き合い
ありがとうございました。

【戦後75年 令和2年 8月15日】
沈黙の日の丸行進~英霊に感謝

いつも応援ありがとうございます♪

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

プロローグの無い物語…


大切な想い出は

私の人生の物語…

まだ人生の終わりは来ないと思うから

プロローグは書けないまま…


実話の小説を読み返すように

泣くこともあれば笑うこともあり

時の流れに逆らうことも出来ず

読み返し…想い出しても

今日までの私のストーリーは変わらない…

ただ…

明日からのストーリーは

私次第でラブストーリーにもなれば

コミカルなストーリーにもなるんだ…

繰り返し想い出に涙することもあるけど

大切な過去に栞を挟みながら

エピローグをハッピーエンドにするのも

バッドエンドにするのも

私自身…




過去と未来は夢の中にあり

夢見る心は空を掴もうとする手のように

ただ虚空をさ迷う…


砂時計のように降り積もる過去

減り続ける未来

時の流れに浮き沈みながら

その狭間にいる私…


【時】小椋佳

昨日は皆様のブログへ訪問できなくて
すみませんでした(^^;
再び頭痛に襲われてしまいました( ω-、)

猛暑が暫く続くようですので、エアコンは連続稼働で温度をこまめに調節しましょう(*^^*)b

では、このへんで…
また来てね(@^^)/~~~

いつも応援ありがとうございます♪

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

夕立に記憶を重ねて…



雪だるま


花畑


止まった波


落葉


過ぎ行く季節に微笑んでいた貴女の


途切れた写真…


楽しい想い出に独り笑顔になった…


笑顔の後に


ノックも無しに想い出に入り込んできた寂しさ…


戸惑う私の心に降りだす雨に


夕立の雨音が重なった…


貴女があの日私に分けてくれた


手のひらに掬った黄昏を想い出しながら


想い出の写真は濡れて霞んだ…


戻らない日々


貴女に逢えるのは


アルバムの中と


記憶の中と夢の中だけ…






夕立の雨は上がり

空はオレンジ色に輝いています。

想い出の中の時の流れは止まったままに…

私の時間は

ただただ虚しく過ぎていく…

早く感じたり遅く感じたり…

だけど…

時は変わらない速さで流れてる…

想い出を残しながら…

【夕立のあとで】野口五郎
忘れたい記憶…
忘れたくない想い出…

どんな想い出も
ふとしたきっかけで甦る…

2020081218385179c.jpg



いつも応援ありがとうございます♪

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

ペルセウス座流星群… (再掲載)


どもです~(*゚▽゚)ノ

皆様、この度はご心配をお掛けしました(^^;

連日の猛暑で溶けてしまった私の脳ミソ。

♪たしまりなくよし少らたし戻てせら凍で庫蔵冷め集きかかと何

…ないしかおだま?れあ

(゜∀。)あれ?

なんか…まだかんぺきではないかも…(笑)

これをこーして、こっちをここにいれかえて…

(*σ´ェ`)σ小脳こっちこっち♪

海馬はあっち(/^^)/ソレー⌒@

😆👍❤オッケー

何とかかき集め冷蔵庫で凍らせて戻したら少しよくなりました♪ヽ(´▽`)ノナオッター

単純なおつむだな(*゚ー゚)

ということで…、更新お休みの私のブログに毎日来てくださった方、コメント残してくださった方、ありがとうございました♪

立秋過ぎたし、涼しい秋を松茸?
間違えた(^^;
待つだけなのであります♪

少し元気になったワタクシ♪

今回の記事は予定を変更して、明日(12日)の夜の天体ショーであるペルセウス座流星群が夜の10時頃に北の空を眺めれば見られると思われます♪

12日は下弦の月、月明かりをシャットダウンしてペルセウス座のギリシャ神話を思い浮かべながら楽しみましょう♪

今回の記事は去年の8月12日に書いた記事であります。

おさらいのおさらいで神話と天体ショーを楽しみましょう♪


では、本題へ…



ペルセウスといえば、化け物を倒した英雄になるわけですが、、、

ペルセウスに倒されたメドゥーサも知らない人は少ないと思われます。

そこで、何となく可哀想に思えるメドゥーサの神話をおさらいしてみましょう♪

メドゥーサ

哀しそうな顔してますよね…
画像…Wikipedia

美しい女性だったメドゥーサは海神ポセイドンの愛人で、ポセイドンの妻(アンピトリテ)にバレないように女神アテーナの神殿で密会をしていた。
(ヾノ・∀・`)ウワキダメ

神であるポセイドンでさえ怖がる強妻アンピトリテにバレる前に、ポセイドンとメドゥーサの密会がアテーナにバレちゃった(汗)
ホーラ┐(-。-;)┌イワンコッチャナイ

『私の神殿で不埒な振舞い…許さんぜよ!』

アテーナの怒りを買い、メドゥーサは皆さんご存知の髪は毒へび、下半身はへびにされてしまい、メドゥーサに見つめられた者は石になってしまう力をつけられてしまった。

アテーナの力により、二度と男には近付けなくなったメドゥーサ。

『うちの妹に何すんじゃ、こら!』

メドゥーサの姉二人がアテーナに孟抗議。

『うるさいわい!うちの神殿汚した罰じゃ!あんたらは黙っとき!』

アテーナが、そう言ったかは定かではありませんが…

メドゥーサの姉二人もアテーナにより化け物に変えられてしまったのであります。

メドューサは毎日泣き続けた。

誰かに助けを求めるも、メドゥーサに見られたものは皆石になってしまう。

そんな噂を耳にしたセリーポス島の領主ポリュデクテース。

彼は、その島で暮らすペルセウスの母、ダナエーに恋をしてダナエーにしつこく言い寄っていた。

ダナエーは頑なに拒んでいて、それを見ていた青年のペルセウスは母をポリュデクテースから守ろうとしていた。

領主のポリュデクテースにとって、父親がゼウスである半神のペルセウスが目の上のたんこぶのように邪魔だった。

『あの息子のペルセウス邪魔やのー。ワシがダナエーと結婚したら、あの半神もオマケで着いてくる…』

ポリュデクテースには、半神のペルセウスが居ると自分の地位も危ういし何かと都合も悪い…。

そう思ったポリュデクテースは、ペルセウスに人々を苦しめるメドゥーサの首を切り取ってくるように命じた。


捕捉…
メドゥーサは故意に人々を苦しめていたわけではありません。元の美しい姿に戻りたく、誰かに助けを求めるもメドゥーサを見た者は石になってしまうのです。
ポリュデクテースの言った、人々を苦しめてる、ということは言い掛かりに過ぎません。
お隣のk国のようですね( *´艸`)
メドゥーサの頭をペルセウスが持ち帰る途中でメドゥーサの頭が入った麻の袋から滴り落ちた血がペガサスを生んだというエピソードもあります。
美しい翼をもつペガサスは、元々美しい時のメドゥーサの思いなのでしょうか…。
これはメドゥーサを哀れに思った神話の作者が付け加えたのかも知れませんけどね(*^^*)b

ペガサス

【ペガサス】フリー画像


『これでペルセウスは、メドゥーサに石にされて帰ってこんじゃろー!半神とはいえ、メドゥーサと目が合っただけでアイツは石っころじゃ!わははー』

と、言ったかは定かではありませんが…
( *´艸`)

困ったのはペルセウス。

領主の命令ならば行かねばならない。

ペルセウスは、女神アテーナとゼウスの使いである十二神の一人ヘルメースの力を借りることにした。

アテーナはゼウスから授かった鏡のように輝く盾をペルセウスに貸して、ヘルメースは空飛ぶサンダルをペルセウスに渡した。


映画、タイタンの戦いでは私の大好きなペガサスでペルセウスは空を飛んでましたが、神話の中では羽の生えた空飛ぶサンダルで空を飛ぶのです。
映画パーシージャクソンとオリンポスの神々に登場した空飛ぶ靴を思い出しますね♪


ペルセウスは、アテーナから借りた鏡のように磨きあげられた盾はメドゥーサと戦うときに直接メドゥーサの目を見ないよう、盾を反射に戦うように助言を受けた。

そして、ペルセウスは空飛ぶサンダルでメドゥーサの潜む洞窟へ飛んでいった。

誰にも会うことができず、誰にも助けてもらえないで暗い洞窟でひっそりと暮らし、哀しみに暮れていたメドゥーサの前に突然現れたペルセウスに首を跳ねられてしまったのであります。

ひどい(´;д;`)

【タイタンの戦い】
劇中のペルセウスとメドゥーサの戦い。
ちょいグロシーンあるけど苦手な方は
目を閉じてくださいね(*^^*)b
そうすれば石にならずに済むかも♪
劇中では完全に悪のメドゥーサ…
でも、時々見せる表情が綺麗なところが
救われてる…。

メドゥーサの首を跳ねたペルセウスの剣は、傷の癒えることの無い剣で、メドゥーサの頭はペルセウスにより生きたまま麻袋に入れられた。

そして、メドゥーサの頭を持ち帰る途中、ペルセウスは島の突端に美しい女性が裸で張り付けられているのを見つけた。

そして、その女性目掛けて海を泳ぐ怪物を目にしたペルセウス。

あの女性は生け贄に違いない…

そう思ったペルセウスは海を泳ぐ怪物に戦いを挑むことになるのです。

映画タイタンの戦いでいうと、クラーケンですよね♪

神話の中では、クジラの怪物ティアマトとなっています。

そして張り付けにされている女性はアンドロメダ。

エチオピアの王ケフェウスとカシオペア王妃の娘。

ケフェウスの弟フィネウスはアンドロメダの婚約者で、その場にいたが迫り来る怪物ティアマトに恐怖で岩陰に隠れていた。

ペルセウスはケフェウスとカシオペアに事情を聞いて、アンドロメダを助けたら妻に貰い受けたい、と言い二人の了承を
得てティアマトとの戦いに挑む。

フィネウスはもちろんペルセウスの申し出には不服だったが、自分にはどうすることもできなかった。

では何故アンドロメダが生け贄になったか…。

カシオペア王妃の失言が原因だったのです。

『王妃の私と娘のアンドロメダの美しさは世界一に決まってるじゃない♪海のニンフなんかに敵うわけないじゃん♪この美を嘗めんじゃないわよ!おほほほっ』

と言ったかは定かではありませんが…
( *´艸`)

海のニンフですら、私やアンドロメダの美にはかなわないでしょう、と言ったのは本当のこと。

海のニンフとは海神ポセイドンの50人の孫娘のこと。

…ちょっと待て…

孫が50人て…

ポセイドンの妻は何人いんねん!
( ´∀`)Σ⊂(゚Д゚ )ツッコミ

ゼウスと同様、ポセイドンも浮気者みたいです。

海のニンフ、ネーレイデスは王妃の言葉に逆上してポセイドンに苦情を言い、カシオペア王妃に罰を与えてほしい、とポセイドンに言ったのです。

ポセイドンも王妃の言葉に腹を立てた。

そして神を侮辱する人間に戒めを与えようと、人間を根絶やしにする、とポセイドンはケフェウス王に言った。

それが嫌ならティアマトにアンドロメダを生け贄にせよ、と言ったのだ。

口は災いの元となった。

平和を愛するアンドロメダは自らティアマトの生け贄となって人々を救うことを選んだ。

そして生け贄となって張り付けられたアンドロメダとティアマトをメドゥーサの頭を持って島に帰る途中のペルセウスが見つけたのだった。

ペルセウスは、ケフェウス王とカシオペア王妃にアンドロメダを助けたら、アンドロメダを妻にしたいと申し出た。そして二人に了承を貰い、ペルセウスとティアマトの戦いが始まった。
アンドロメダとペルセウス
【ペルセウスとアンドロメダとティアマト】
画像…Wikipedia

ペルセウスは空飛ぶサンダルで縦横無尽に飛び回り、ティアマトと戦うのだが、ティアマトはとてつもなく大きくなかなか倒せなかった。

尚もアンドロメダに襲いかかろうとするティアマトの前に立ちはだかったペルセウスは麻の袋からメドゥーサの頭を取りだしティアマトの目の前に突きだした。

ティアマトはメドゥーサの顔を見たとたん、動きが止まり徐々に石化していった。

石化したティアマトは、バラバラと崩れてペルセウスはティアマトに勝利した。

斯くして、ペルセウスは見事アンドロメダを妻に受け入れることになった。

ポセイドンとの不仲説のあるアテーナがペルセウスに力を貸したことでポセイドンとアテーナの不仲に、更に深い亀裂が入ったかどうかはわかりません(*^^*)

更には、元々ポセイドンの愛人だったメドゥーサの頭はアテーナの磨きあげられた盾に埋め込まれて、最強の盾(アイギス)となったそうです。

愛人をペルセウスに殺され、その頭をアテーナの盾に埋め込まれたとなれば、ポセイドンとアテーナの不仲も垣間見えてきますよね(^_^;)


やっぱりメドゥーサって可哀想だと思うワタクシなのであります( ω-、)



そうそう、最強の盾といえば…小話を一つ♪


昔々のお話です。

ある町に武器商人が露店で武器や防具を売ってました。

『この盾(たて)はどんな攻撃も跳ね返す盾だよ~。
そしてこの矛(ほこ)はどんな盾も貫く矛だよ~、
買っていかんかねー』

そんな商人を見ていた客が一言。

『ならば、その矛でその盾を突いてみてくれ』

そう言われた商人は返答できなかったそうな。

そんな商人の言葉で【矛盾】という言葉が
できたそうです( *´艸`)

有名なお話ですね(*^^*)

※ 矛(ほこ)とは両刃になっていて柄の付いた剣のこと。

それでは今日はこの辺で♪

長文最後までお付き合い
ありがとうございました😆💕✨


またきてね(@^^)/~~~


参考…ウィキペディア
   映画、タイタンの戦い


【1/2の神話】中森明菜
では最後に私によく似ているなかも…
(o゚∀゚)=○)´3`)∴ブッ
す、すいません…まちがえました…
では最後に私が似ているなかも…
☆(゜o(○=(゜ο゜)oイイカゲンニシテー♪

( ω-、)イイジャン…ニテルッテイウクライ


いつも応援ありがとうございます♪

テーマ : 神話・幻想
ジャンル : 小説・文学

四季は恋人…


追記…

不快指数100%の毎日…
皆様如何お過ごしでしょうか。
ワタクシ、ただ今体調不良により寝込んでおります。
不快な暑さに酷い頭痛と気持ちの落ち込みで、記事を書けずにいます。
もう少しの間、更新が途絶えます。
調子の良いときは皆様のブログへお邪魔させていただくつもりです。
ご理解いただきたくお願い致します。

熱中症、新型コロナウイルスには十分ご注意ください。

美香。。。 




春を待ち望む人あれば

夏を楽しむ人もあり

秋を待ち望む人あれば

冬を楽しむ人もあり

人は四季の好みを選ぶけど

四季は人を好まず移り行く…


冬を嫌えば春を待ち

春を嫌えば梅雨を待ち

梅雨を嫌えば夏望み

夏を嫌えば秋待ち望む

秋を嫌えば冬年の瀬に

思い巡らし春を待つ…

人の心を弄び

四季は悪戯に移り行く…


けれど人の心は移り行く
巡る季節に恋をする…






どもです(*゚▽゚)ノ♪

夏が来ちゃったのであります(^^;

来てもいいけど、願わくば暑くならないでほしいのであります(^o^;)

早速暑さで体調崩したワタクシ…(。-ω-)

3年前の猛暑で体調崩して、一夏で3回ぶっ倒れて仕事を無くした苦い想い出がトラウマとなったワタクシ。

夏でも冷夏なら問題無し♪

避暑地の夏なら快適で♪

蒸し蒸し無ければなおよろし♪

それ以外は問題あり(・_・)

甦るトラウマ🐯🐎(>_<)

なので私は秋を望む人なのであります♪

秋に憂いを感じる方もいらっしゃいますが、私は夏に憂いを感じる人(*^^*)

それぞれの人の好きな季節…

好きな季節に思い思いの遊び方がありますよね(*^^*)b



移る季節に想いを寄せて

恋する季節に心を遊ばせ

寄せる想いは恋人に似て…



それぞれの人の恋する季節♪

四季のモテ期は留まらず♪ですね♪


では、このへんで♪

次回の更新は、ちょっと怖くてちょっと哀しいお話です(*^^*)

人間になった猫の続きはもう暫くお待ちくださいまし

またね(@^^)/~~~

【四季の歌】タンポポ児童合唱団

いつも応援ありがとうございます♪

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

愛しくて…


白々と明ける夜空を窓辺で見つめれば

足元に寄り添う愛猫の尻尾が絡み付く

見上げるつぶらな瞳に誘われるまま

抱き上げた愛猫

小さな温もりは

独りの寂しさを押し退けた…

君に話しかければ尻尾で応え

君が話しかければ私が応え

君がいるから寂しさ紛れ

君の寂しさは私が紛らわせ

夜明けの静かな部屋に響く

子猫のように甘える君の鳴き声…

家族のいる幸せ…




ども(*゚▽゚)ノ♪

もうじき関東も梅雨明けになりますね♪

相変わらず蒸し暑いですが…

エアコンが無ければ熱中症に怯え

エアコン着ければ電気代に怯え…

まぁ、私としてはトラウマ的な熱中症の方が、電気代より恐いのでエアコン連続運転…(^^;

愛猫トマトも熱中症になったら可哀想だしね♪

そんなトマトですが…

私が窓辺で、夜明け前の空を見て想い出に耽っていたとき、トマトが私の足にスリスリ…

私の足に長い尻尾を絡み付けてきた♪

これは私に対する愛情の証し( 〃▽〃)

私を見上げるつぶらな瞳(ノ≧▽≦)ノ タマラン

トマトを抱き上げ、二人で夜明けの空を眺めていました♪

ごろごろと喉を鳴らすトマトの温もりは、私を幸せな気持ちにさせてくれた(〃ω〃)

私も負けじと、撫でるとトマトがうっとりする耳の後ろを撫でてあげた。

案の定、トマトの喉を鳴らす音が大きくなり目を閉じた♪

たぶん…トマトも幸せ感じてるだろう、と私は勝手に思い込む(笑)

猫という家族のいる生活…

たまりません(*´-`)

201911071803263c4.jpg

20200612231455943.jpg

20191107181906057.jpg
トマトは7月で5歳になりました♪
いつまでも元気でいてほしい♪

【あたし、ねこ】0655

【おれ、ねこ】0655

【保護してくれた優しいひと】
トマトを保護したときのこと思い出すなぁ♪
それにしても、子猫を車から捨てるなんて酷すぎる😠💨

いつも応援ありがとうございます♪

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

プロフィール

美香

Author:美香
いらっしゃいませ♪
LGBT(トランスジェンダー)美香のブログへようこそ~♪

このブログは、私のリアルな日常や思うこと、感じたこと、など書いてます。
エッチな記事も含まれてますので苦手な方は飛ばして読んでくださいね♪

リンクはご自由にどうぞ♥

また、ご連絡いただければ、よろしければ私の方でもリンクさせていただきます♪

よろしくお願いいたします♪

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる