FC2ブログ

タイトル画像

夢…

2019.01.31(14:48) 211


夢は心の想いに誘われ

現実のような世界へ導き

夢の世界のあらゆることは

現(うつつ)な世界の不可能も

夢の世界では実現できて

現実味のない出来事さえ

夢も現な明晰夢…



はい♪本日は夢のお話しです♪

夢には、明晰夢(めいせきむ)というのがあります。

これは、夢を見ているときに自分で夢の中と認識しているものをいいます。

明晰夢は、普段から夢を意識するようにしていると、寝ているときに夢を自分でコントロールできるようになるそうです。

実際、私にも『これは夢の中の出来事』と認識した夢を見たことがあります。

空を縦横無尽に飛び回ったり、月面に立ち地球を眺めている自分とか(*^^*)

その時は、明晰夢というのを知りませんでした。

空を飛んでいるときには風も感じて落ちる感覚もありました。

月面に立つ自分は、もう一人の自分が月面に立って地球を見ている自分を見ている状態でした。

もう一度、空飛ぶ夢とか、月面にいる夢とか見てみたかったけど、その後は今現在まで見た記憶がありません。

夢をコントロールできるって楽しいですよね♪

明晰夢を見られるようになるには、いくつか簡単な方法があるみたい(*^^*)b

興味のある方は、(明晰夢)で検索していただければ方法とか、身体に与える良い影響とか出てきます。

現実のような夢の世界を、自分でコントロールできるようになったら…私だったら、また空飛びたい( *´艸`)

あまりに楽しくて、夢から覚めるのを拒んだりすると夢の無限ループとかありそうだよね♪

『あれ?今は夢の中?現実?』とか、わからなくなりそうだけど、そういうのは心配ないみたい。

でも、怖い夢のループだったりすると、恐怖感半端ないかも(^_^;)

起きているのか寝ているのか、夢現な状態だと…

こういう場合、心霊現象と間違えそうだよね(^_^;)

実際、脳は覚醒状態で身体は寝てる。

いわゆる金縛り状態にもなるようなこと書いてありました。

でも、これが自分でコントロール出来るとすると…

いつのまにやら、自分はゴーストハンターになって色んな武器を持てたりするのでしょうかw

もしくは、群がるゾンビをバタバタなぎ倒すとか( *´艸`)

よしっ❗明日から夢日記を書いていこう♪

ほとんどの人が寝ているときには夢を見ているそうです。

ただ、覚えていない夢の方が多いらしい。

朝目覚めて夢を覚えてたら、忘れないうちにメモしておきましょう♪

ある程度、明晰夢を見る練習しても見られない人もいるそうですけど…そこは練習あるのみ♪

楽しい夢見られるといいね♪

それでは、今日はこのへんで…

またね(^_^)/~~
夢の途中
いい夢見てね♪🌛✨

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


スポンサーサイト




移り行く日々の徒然に…


タイトル画像

希望の空に…

2019.01.30(02:47) 210



ゆ)雪の降りやむ朝早く

き)君はこの地を去ってゆく

の)残る我が身の寂しさよ…

し)東雲の空の灯りが照す

ず)頭上の空を見つめる君に

く)雲が途切れた希望の青空…

20190130010835869.jpeg
スノードロップ
フリー画像 photoAC



どもども(*´∀`)ノ♪

今日も、真夜中にブログ書いてるワタクシです。
(ノ∀≦。)ノヨルハネルモンダゼ♪

草木も眠る丑三つ時のちょっと前♪

花の詩と花言葉ですが…

本日のお題は…スノードロップです。

日本語に訳すと、雪の雫(ゆきのしずく)と、なります。

この、(雪の雫)という言葉は花言葉にも関係あるので、スノードロップで文字を紡ぐより(雪の雫)のほうが、文字を紡ぎやすく言葉も綺麗だったので(ゆきのしずく)にしました。

【スノードロップ】

キジカクシ目ヒガンバナ科です。

スノードロップという名前の由来は、16世紀から17世紀にかけて人気のあった、涙の滴の形をしたドイツの真珠のイヤリング(snow_drop)に由来するそうです。

冬の終わりから、春先にかけて花を咲かせて春を告げてくれる花です♪

夜になると花を閉じて、昼間に吸収した熱を閉じ込めておくそうです。(´- `*)スゴイネー♪

やっぱり植物も考えてるんだね♪

日本での誕生花としては、一月二十二日です。
(^_^;)スギチャッタネ…

【花言葉】
(慰め) (希望) (死)

冒頭の(雪の降りやむ朝早く)の(ゆきのしずく)で繋げた言葉は、花言葉の(希望)を入れて、子供が親元を離れて故郷を旅立つ朝を表現しました。

そして、スノードロップの花言葉で気になるのが(死)ですよね…

なぜ(死)なのか…

イギリスの一部の地域では、死を象徴する花とされているそうです。

イギリスの一部の地域に残る、なくなった恋人に触れたとき恋人が雪の雫(snow drop)になった、という言い伝えからsnowdropは死を連想される花となったそうです。

慰め、希望、死、という花言葉なので、誰かにスノードロップを贈るときには花言葉(希望)(慰め)を忘れずに添えて贈りましょう(*^^*)b

可愛い花だから、贈られたり貰ったりした人が『わぁー♪可愛い花♪この花言葉はなんだろう?』と調べる方もいると思われます。

なので、贈る、あげる方が花言葉を添えないと…

あなたの死を望みます…
え~…((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

と、なってしまう可能性がありますので、スノードロップを贈るときには(慰め)(希望)を入れたメッセージをお忘れなく。(*^^*)b

ということで…

既に、丑三つ時の午前二時になったところで、部屋の中にある隙間が気になりだしたので…(´゚ω゚`)⬅なぜ、私が隙間を怖がるのか…気になる方はこちらをタップ&クリックぷりーず。

寝ることにします。

今日という日が、皆様にとって良い一日でありますように…

では、このへんで…

またね(^_^)/~~
【希望】
希望というのは自分の未来に望むもの…だけどいつの間にか消えてしまうもの…それでも自分の力にもなる…追いかけよう♪
にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村


移り行く日々の徒然に…


タイトル画像

生きていく意味って…

2019.01.28(22:34) 209


人の思いは未来へ託し

生きる力を見つけ出し

運に左右される未来でも

命は繋げていく未来

未来は見えないものだけど

未来の自分は見えてくる…





人は誰でも未来を見据え、理想の未来へ近付けようとして今の自分を変えようとする…

思い届かない理想の未来…

思い近付く理想の未来…

だけど未来は不確定なもので…

確実ではない未来に翻弄されて、迷い、悩み、嘆き苦しみ、喘ぎながらも日々の生活に小さな幸せを見つけたりする。

見つけた小さな幸せは、自分の未来への理想を変えようとすることもあると思う。

今の自分が見つめる未来の理想の自分が、今の自分を変えていく事であって、今の自分というのは未来の理想の自分が作り上げてるのだとも思う…

だけど、未来そのものは確実なものじゃない…

それでも、理想の未来に近付けようと努力すれば理想の未来は現実になるともおもう。

トラブルやアクシデントが無ければだけど…



人は考えることができる。

明日の事、明後日の事、一月先、一年先と過去を振り返りながら予測して考える。

そして将来の目標があれば、人は目標に近付くために行動する。

その課程で、挫折もあればアクシデントもあったりする。

だから、未来は確実なものじゃない…

目標を見失っても、目標が無くても人は生きていく。

…なぜ生きていくのだろう…

子孫を残すため?

更なる進化のため?

人間以外の生命を見れば、なんとなくわかるような気がする…。

植物などを見れば、子孫を残すためだけに生きているように思える。

昆虫や動物、自然界の風や雨に頼りながら命を繋げていく。

昆虫や動物等は植物の恩恵に与る。

植物に思考能力とか無いように思えるけど、植物は自然界の恩恵を見事に与り子孫を残している。

肉食動物は強いから単独行動が多いけど、弱い草食動物などは群をつくり、できるだけ子孫を残そうとする。

単に進化してきたから、とは片付けられない…(私の中では…)

進化は、周りの環境によって変化していくものだと思う。

では、変化は植物自体の力なのか…

そう考えると、植物にも少なからず考える力があるのか…

新しい種から芽が出て花が咲き、甘い香りで昆虫を引き寄せて、雄しべと雌しべをくっつける事が遺伝子によって引き継がれる。

これは生命全てに言えることで…

じゃあ、この遺伝とは誰が作ったのか…
(むぅ…だんだん難しくなってきたぞ…)

太陽と水と空気?

それとも地球自体?

やっぱり宇宙まで見ないとわからないのかな…(^_^;)
(もう限界だ( ・∀・))

ま、まぁ…人が生きていく意味って…やっぱり子孫繁栄のため、というのが一番の意味なのかな…。

でも、そこまで行くには、それぞれに過程があって結果が出てくる。

だけど、未来は確実なものじゃない…
(また振り出しか?(;´д`))

未来に向けて、その行動をしている今が生きる意味であり、可能性であり、進化をするための生命の存在理由なのかな…

未来へと運ぶ命が運命ということなら、それを成し遂げることも、生きていく意味ともなるのでしょうか…
(なんとか終わりに持ち込めた∩(´∀`)∩ワーイ)


難しい…( ̄~ ̄;)

それでは、このへんで…

またね(^_^)/~~

追記…
いい歌見付けた♪
この歌は知らなかった…
生きることを問いかける歌だね♪
【ねがい】西郷輝彦

にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村




移り行く日々の徒然に…


タイトル画像

トマトの添い寝💕

2019.01.27(17:37) 208


どもども(*´∀`)ノ♪

うちには、愛猫トマト(黒猫♀3才)がいるのですが…

添い寝がたまらなく可愛い(ノ≧▽≦)ノオヤバカー♥

昼間でも、私が調子悪くベッドで横になると…

今まで、窓から外を眺めていたトマトが傍にきて、ごそごそもそもそ布団に入ってくる。

私の身体にぴったりくっついてくるから、私自身が身動き出来なくなるのであります(*^-^)

トマトの添い寝😆💕
顔がつぶれてる( *´艸`)
トマトの添い寝😆💕
私が動くと爪がニョキッと出てきます♪
この時点でふみふみされたらたまりません♪
グー、パー、ふみふみ(///∇///)
これは、以前カメラに納めたふみふみ♥
:*(〃∇〃人)*:
なんか笑える😃♥
動くな!って言ってるのかも(≧ω≦。)
20190127165347f05.jpg
そのままそのまま…動かないで、と言われているようで動けなくなる私♪
20190127165418c4b.jpg
この状態で、トマトが喉をごろごろしなくなったら、私は多少動いても大丈夫(*^-^)

冬はトマトが居ればベッドもぬくぬく♪

2019012716512192d.jpg
魔性の黒猫♪
201901271650592c5.jpg
じゃ、またね(=^ェ^=)

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村



移り行く日々の徒然に…


愛猫トマト💕 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

やさしい朝…

2019.01.27(07:14) 207


清んだ空気の青い空に

息を吹きかけ雲ひとつ

私の息の白い雲

冷たい朝に晒されて

瞬く間に消えてった…


この雲のように呆気なく

今日も一日過ぎるのだろう…



おはようございます(´- `*)

冬の静かな寒い朝

心に一つ種を置いた…

今夜にはどんな花が咲くのかな…


それでは皆さん♪

よい一日を(*^^*)
【やさしさにつつまれたなら】

にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村


いつも応援ありがとうございます♪

移り行く日々の徒然に…


タイトル画像

生きる力…

2019.01.25(13:15) 206


昨日という日は 過ぎた過去

過去は過ぎし日 記憶に刻み

今日という日の 足掛けとなり

明日という日の 糧となる

糧は私の力となって

力は心の糧となる…


by mika



人生には、棘の道もあれば落とし穴もあるかもしれない。

それを上手く賢く避けるのも生きる道。

棘に引っ掛り落とし穴に落ちるのも生きる道。

どちらも失敗でもなく成功でもないと思う。

未来は予測で結果しかないから…

だからこそ、予測の未来に近付けられるように今現在の歩いている自分の道を課程として…

穴に落ちたら這い上がればいい

棘で服が破れたら縫えばいい

病気や災難は受け入れて

自分で未来に運ぶ命は、

自分の運命だから…



と、自分に言い聞かせるワタクシなのであります(´- `*)

では、またね(^_^)/~~
【三都物語】

にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村


移り行く日々の徒然に…


タイトル画像

儚い中に伝えるもの…

2019.01.24(03:19) 204



ろ)露命繋いで導くものは

う)敬い慈しむこの思い

ば)梅花の如く高潔に

い)一の月には奥床し

の)農艶容姿な花見とれ

は)花は人目を引き止めて

な)馴染む人目に儚く消える…


蝋梅
フリー画像 photoAC


どもども(*´∇`)ノ♪

体調優れず更新一日ずれちゃった(^_^;)

本日の、花の詩花言葉♪

お題は【蝋梅(ロウバイ)】です♪

クスノキ目ロウバイ科、中国原産の落葉樹です。

日本に入ってきたのは江戸時代頃。

雪中四友(せっちゅうしゆう)と呼ばれる、雪の中で咲く四つの花の一つです。

因みに雪中四友とは、(梅)(蝋梅)(茶梅、さざんか)(水仙)の事♪


蝋梅は12月頃から2月にかけて半透明で鈍い艶のある黄色くて香りの高い花が、やや下向きに咲くそうです。

名前が蝋梅(ろうばい)と言い、梅という字が入ってますが蝋梅はバラ科です(*^^*)b

そして、花言葉ですが…

『ゆかしさ』『慈しみ』『先導』『先見』

花の少ない冬に、ひっそりと黄色い花を咲かせる奥ゆかしさに因んで、この花言葉ができたそうです(´- `*)イイネ

儚く可愛い花が見せる、奥ゆかしさ、大切さ、冬の寒い時期に魅せてくれる梅のような高潔さを言葉にしてみました(*^^*)♪

短命の中に見せる慈しみと奥ゆかしさ…

花に教わる情緒と言葉…素敵だね♪

では、今日はこのへんで…

またね(^_^)/~~
【花と小父さん】

にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村


移り行く日々の徒然に…


花の詩と花言葉 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

隙間…(ノдヽ)

2019.01.22(22:30) 203


ワタクシ…実は小さい頃から隙間というのが妙に怖いのです。

勿論今でもとても気になります。

押入れがちょっと開いてたり、キッチンの窓が少しだけ開いてたり…

カーテンの合わさるところが微妙に隙間があったり…

家具と壁の間の隙間とか…

気のせいかもしれないけど、誰かに見られてる?

そんな思いから、ふっ、と見てしまうときがあります
(^_^;)

特に何か見えるとかは無かったのですが…

以前住んでいた家では、視界の片隅で家具と壁の隙間に【あるもの】を見てしまったのです。

蠢く黒い影を…

そう…それは紛れもなくG(ゴキ)…
ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!

Gを舜滅させるためにゴキ撃退攻撃開始❗

『すまぬ…Gよ…お主に罪はないが成仏召され…』

とか言いながら、Gに殺虫剤を隙間という隙間に吹きまくるワタクシなのであります。
(--)/占==3

それ以来、外部からのGの侵入を防ぐために防護壁(Gの嫌いな薬)を侵入経路らしきところに撒いてからはGは姿を現さなかった( ・∀・)勝利❗

そして、今の自宅では…

Gを見かける事はないのだが…

時々、閉めておいたはずのキッチンの小さい窓が数センチ開いていることがあるのです…
エッ?((( ;゚Д゚)))ナンデ…

通路に面したキッチンの小窓。

夜中…トイレに行くときに、ふと小窓が数センチ開いてることがある。

そこには黒い影と異様に光る二つの目…

『覗き?((゚□゚;))』

小窓は通路に面している…

部屋には下着も干してある…

光る二つの目は、不意に横を向いたかのように消えた。
ヽ(;゚;Д;゚;; )ギャァァァ

そいつは部屋の中にいた。

小窓から『ととん』と音をたてて床に降りて私に近付いてきた。

『にゃあ』←昼間の現行犯( *´艸`)

そう…それは紛れもなく愛猫トマト(´▽`*)

つい、鍵を閉め忘れたときトマトは自分で窓を開けてしまいます(^_^;)

外側は網戸になっているので、トマトは網戸も開けてしまうのでガムテープで固定w

トマトの脱走不可能(´- `*)オトナシクシナサイ


そして窓の目隠し、カーテンの隙間…

これも、とても気になるのです(^_^;)

ピッチリ閉めたカーテンを、いつの間にかトマトが外を見るためにカーテンが真ん中で合わさっているところを鼻で押し広げ隙間ができてたりする(^_^;)

そんな隙間を見たとき、時々ゾクッと鳥肌がたったりするときがあります。

逆に鳥肌が立って、ふと見上げるとカーテンに隙間ができてたり…(^_^;)

ゾクッとするような感じがしたから鳥肌がたつのか…

鳥肌がたつからゾクッとするのか…

それより、何故、どうしてゾクッとするのか…

そういうのって、以前に見た怖いものが心理的に記憶の中にあるから、体がそのように反応するのか…

押入れとか、カーテンの隙間とかって心霊関係によく出てきますよね((゚□゚;))

そういうのを見たり聞いたりして、記憶の何処かにあるから隙間=怖いもの、と認識するのかもしれません。

隙間男とか隙間女とか…押入れの戸が朝閉めても、夜家に帰ってくると少しだけ開いてたり、とか言う話や都市伝説的なものが結構ありますよね。

私は、よくブログ書いたりYouTube観たりで、夜中の2時とか3時くらいまでおきてることあります。

私がブログを書いているとき、トマトは音もたてずカーテンを鼻で押し開けて外を眺めています。

そんなとき、私は一息いれるためにカフェ・オ・レを飲もうとして、ふとベッドを見るとずっと側で寝てたトマトが居ないのです。

そして、窓を見るとカーテンの隙間からトマトが顔を半分だして片目だけで私を、じぃっ…と見てたりするw

そんなときは、特に鳥肌になったりしないけど…

トマトが私の後ろのベッドに寝ているにもかかわらず…

ぞわ…と鳥肌になるときがあったりします。

ちょっと振り返ればトマトはすぐ側にいる。

恐る恐る窓を見ると、カーテンに隙間ができてる
( ;∀;)

これは、トマトが私の知らないうちにカーテンをあけたのだろう…いや、トマトが開けたんだ!絶対そうだ!

と、自分に言い聞かせるのであります(゚д゚|||)

鳥肌が立つときって、その時は…側に…居るらしいよ…。

子供の頃そんなことを聞いたワタクシ…

小さいときの私のトラウマだと思われます(;´∀`)

カーテンの隙間を見たとき、何か?と目が合っちゃったりしたらどうしよう…(`;ω;´)

とか…

押入れから指先だけ見えてたらどうしよう…
(;ω;`*)

とか怖がってた頃よりは、だいぶ気持ちは強くなった。

…と、思う😖💧

隙間には神がいると言われています。

科学で説明できないことは神の御業と言うことだそうです。

隙間の神、という言葉が初めて使われたのは19世紀。

全ての自然は神、と言われた19世紀。

21世紀の今は、神の領域はある程度、量子論、あるいは量子力学で説明できるようになってきています。

人は死んだら魂はどうなるのか…

時間は存在するのか…

今とは違う次元の世界は存在するのか…

パラレルワールド等を探し初めている量子力学。

知識は私には無いけど、考え方がとても興味があります。

今や、量子力学は神の領域に近付いているのかもしれません。

量子とは、粒子波の性質をあわせ持った、とても小さな物質やエネルギーの単位の事です。

身の回りの物質はとても小さな量子が集まって形作られているそうです。

量子ビームというものを使うと、原子や分子レベルでものを観る、創る、治す、加工、知る、など色々な事が出来るそうです。

宇宙のこと、霊のこと、パラレルワールドのこと、など色々な事がわかるようになるそうです。

だとすると、隙間に潜む謎の存在も神なのか…それとも…やっぱり『あれ』なのか…ハッキリさせたい…(ノдヽ)


みなさん、カーテンはピッチリ閉めときましょう…

なるべく隙間は見ないように…


では、今日はこのへんで…

またね(^_^)/~~
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


移り行く日々の徒然に…


未分類 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

満ちていく月…

2019.01.20(21:36) 202


夜の寒さに肩身を竦め

夜空を見上げて星数え

星を繋いだ私の星座に

あなたの明るい笑顔のような

月は寄り添い暖かく

私の心はあなたのように

満ちた光のお月さま…



こんばんは♪

先程、近くのスーパーへ買い物に行ったのですが…

ふと夜空を見上げたら白く光る、ほぼ満月🌕

正確には明日が満月ですが(^_^;)

光を遮る雲も無く、暫く見上げてた。

少ない星を数えながら自分の星座を作ってみた。
(*´ー`*)スクネー

星が少ないから…これが頭…これが手で…

星が少ないから、歪な私の星座(美香座)

片手片足ができないけど…まぁ、良しとして…

お月さまはパートナー♪

そんな買い物に行く前の数分…

歩道で私を後ろから追い抜いた女性が顔をあげたような気がした。

街灯に照らされた女性は明らかに空を…お月さまを見ていた。

冬に外を歩くとき、下を見ながら歩く人も多いよね♪

ふと、気が付いて見付けた大きな…光に満ちたお月さま。

綺麗だったよ♪

今夜は、満月の前日…小望月(こもちづき)
または幾望(きぼう)とも呼ばれる満月の前日の月。

幾は近いということらしいです(*^.^*)b

明日の夜は、今まで躊躇していた事とか実行するのもいいかもね♪

それが、成功するか失敗するかは…当ブログは一切関知いたしません(*^^*)♪ソコントコヨロシク

それでは今夜はこのへんで…

おやすみなさい…

いい夢みてね♪
月あかりふんわり落ちてくる夜
↑ほんわかまったりな歌だよ♪

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村


移り行く日々の徒然に…


タイトル画像

浜千鳥

2019.01.20(00:05) 201


【浜千鳥】

青い月夜の 浜辺には
親を探して 鳴く鳥が
波の国から 生まれでる
濡れたつばさの 銀の色

夜鳴く鳥の 悲しさは
親を尋ねて 海こえて
月夜の国へ 消えてゆく
銀のつばさの 浜千鳥



浜千鳥…なんとなく心に染み入る歌ですよね。

作詞  鹿島 鳴秋(かしま めいしゅう)
作曲  弘田 龍太郎(ひろた りゅうたろう)

1920年(大正9年)  少女号という雑誌の1月号で(浜千鳥)が発表されました。

鹿島鳴秋が、新潟県柏崎に居る友人を訪ねた時に、浦浜から番神海岸を友人と歩いているときに鳴秋が歌詞を手帳に書き写したものだそうです。

三拍子のメロディがとてもいい感じ♪

因みに、浜千鳥という種類は居ないそうです。

千鳥は甲殻類や昆虫等を食べて、獲物を地表で食べて少し徘徊して後戻りするそうです。

だから、飲みすぎて酔っぱらってる人が歩いているときに、左へふら~、右へふら~、後ろへ倒れそうになり、おっとっと、という状態が千鳥足と言うのですね(´▽`*)

私がこの歌を思い出した切っ掛けは、愛猫トマトを保護したときのことでした。

仕事を終えて、駐車場にて子猫のか細い鳴き声を聞いて、夜の暗い駐車場で声を頼りに探していたところ、トマトの方から私のところへと、ヨタヨタ近付いて来てくれたのでした。

暗闇で黒猫を探すのは、中々しんどかったけど、トマトの方から私の手の中へと来てくれました。

この時のトマトの大きさは女性が使うヘアブラシの大きさくらいしかありませんでした 

トマトを抱えて車に乗り込み、助手席にトマトを置いたらにゃあにゃあ鳴き出して私のお腹のところによじ登ってきたときは、絶対に手放さないって思いました。

お腹のところで両手で包んであげたら安心したのか、喉をごろごろしておとなしくなりました。

家に帰る途中、(青い月夜に♪)というフレーズをふと思い出したのですが、そのあとの続きもタイトルも解らなかった。

家に帰ってネットで調べて(浜千鳥)という曲だとわかりました。

この曲を聴くと、トマトがよたよた近付いてきたときの光景を、今でもハッキリ思い出せます♪


【月夜の瞳…】

か細い鳴き声 引き寄せられて

月明かりの下 近付く君は

泣いて私の 手の中に…

私を見上げる 涙に濡れた

つぶらな瞳に 小さな月が

二つ浮かんで 揺れていた…



あれから3年。

今年の7月で、トマトは4歳になります。

浜千鳥…愛猫トマトとの出会いの想い出です。
トマト💕
保護した当日のトマト💕

20190119223442769.jpg
ぴったり寄り添ってくれる今朝のトマト💕

私の下敷きにしないようにしないと(*^-^)

それでは、このへんで…

またね(^_^)/~~

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


移り行く日々の徒然に…


2019年01月
  1. 夢…(01/31)
  2. 希望の空に…(01/30)
  3. 生きていく意味って…(01/28)
  4. トマトの添い寝💕(01/27)
  5. やさしい朝…(01/27)
  6. 生きる力…(01/25)
  7. 儚い中に伝えるもの…(01/24)
  8. 隙間…(ノдヽ)(01/22)
  9. 満ちていく月…(01/20)
  10. 浜千鳥(01/20)
次のページ
次のページ