FC2ブログ

タイトル画像

ぬくもり…

2018.12.30(16:09) 180


ぬいぐるみのように抱き寄せれば

黒い瞳を静かに閉ざし

モノクロに染まる夢の中

両手に伝わる命の息吹…



どもども(*´∀`)ノ♪

今日もお天気だね~☀

日本海側は荒れ模様だけど…

横浜は…

日向はポカポカ(*^.^*)

日陰は寒い((+_+))ブルッ

部屋ではトマトも寒いらしく

膝に乗っかり丸くなる

丸いトマトの温もりに

つられる私はうたた寝の

日曜の午後の心地よさ…。


なんとも心地よい昼下がり。

トマトを膝に乗せて…うとうと…

体ゆらゆら何度も倒れそうになる( ゚д゚)ハッ!

ついでにヨダレも落ちそうに( ̄¬ ̄)ツツー

小さな愛猫トマトの温もり。

温もりという言葉…

穏やか 暖かみ 心地よさ

イメージとしてはこんな感じかな?

パートナーの温もりも、なんとも言えない心地よさ。

いつも側にある温もりは幸せで心地良いよね😃

甘えられる温もり。

甘えてくる温もり。

穏やかになれる時間。

大切にしたいね(*^.^*)

そんなわけで…

冒頭の詩のようなものの中に【ぬくもり】という言葉を隠しました♪

探してね(*^.^*)b

My Baby Grand~ぬくもりがほしくて

まんまるトマト♥


またね(^_^)/~~


にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




移り行く日々の徒然に…


タイトル画像

想いは枯れ葉に問う…

2018.12.29(05:44) 177


どもども(^-^)/♪

青空爽やかなお天気な本日なのでありますが…
(実は、この記事…12月28日午後に書いてたものだったりしますw)

暑いやら寒いやら(´-ω-`)

西日の入る我が家は日が沈むまで殆ど暖房要らず、だったりします。

以前に、このブログでも書いたように夏が嫌いなワタクシ。

今のこの時期でも午後の時間は、少しだけ窓を開けてたりします。
2018122905181738e.jpg

手足は氷のように冷たくなるけど…そして、お肉は弛んでるけど冷たい冬の空気に気持ちは引き締まる!
( ・`д・´)テヤンディベラボーメ❗

トマトは特等席で日向ぼっこ(*^^*)
トマト💓♥❤

トマト💕

今の私は買い物と病院行くときくらいしか外出しない(^_^;)

去年まで仕事していたときは、朝早く起きて真冬の空気の澄んだ空の写真を撮るのが好きだった。

体調崩して悪化して、入院して手術して…今の私は薬漬け。
┐(´∀`)┌ヤレヤレダヨ

仕事出来なくなって貯金も殆どなかったワタクシ。
(/-\*)オーノォー

生命保険やら、勤めていた会社の傷病手当て等をかき集め、使いきってから生活保護を受けたのであります。(一部保護費の代わりに徴収されるw)

だから車ももちろん財産もない
ヾ(@゜▽゜@)ノアハハハハ(ノω・、)ナサケネー

車も無いから大好きな空の写真も撮れなくなった。
(;´д`)アヘー

早く体調良くなって仕事探さなきゃ…という気持ちと裏腹に…このところ何とも言えない倦怠感と浮腫の酷い足のダルさと古傷が私のヤル気を削ぎ落とそうとするのであります。

妙に浮かれてるときや、どよーんとした半端ない落ち込み(´Д`|||)

それが交互にやってくる…。

恐らく、私の心の中の葛藤だと思われ…。

言わば天使と悪魔の闘い。

どちらが勝つのか…心の隙を攻める悪魔に隙を作らないようにする天使。


【未来】

行末を

見つめ戸惑い

振り返り

落ちる枯れ葉に

我が身を写し

風に吹かれて

踊る葉あれば

地にしがみつく

葉を見ては

重なる我が身の

心の揺らぎ…




と、いうことで…

今回はこの辺で…


またね(^_^)/~~

にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村





移り行く日々の徒然に…


タイトル画像

火器管制レーダー照射の件について…続報。隣国に物申す!

2018.12.29(05:42) 178


どもども(´ー`)ノ

今回はちょっと長いけど、隣国に対する私の意見を書きます。

それから、大東亜戦争において日本に残してくれた各国要人や著名人の言葉を書いていきます。自分も誇り高き日本を忘れないために…。
(涙ものです( ω-、))

どうぞお付き合い下さいm(_ _)m


韓国海軍、駆逐艦(クァンゲト.デワン)から海上自衛隊の対潜水艦哨戒幾への火器管制用レーダー威嚇事案で日本海上自衛隊による12月20日当時のビデオが公開されました。

韓国の国を上げての嘘が全部暴かれました。

日本は正しかった(*^.^*)

でも、もしかしたら…これだけ日本から証拠だされても『捏造だ!』とか反発してきそうだよね(^_^;)
(やっぱり反発してきた┐(-。ー;)┌)

絶対日本に対しては謝らないし、自分達は当時の日本帝国侵略(侵略じゃなくて統治ね♪)の被害者だから加害者?の日本に対しては謝ることは許されない国民的感情らしいので(勿論、正しい歴史を知っている一部の方々にはそんな感情持ち合わせない人もいる)明らかに自分達が間違っていても、根拠をねじ曲げて悪いのは日本だ!われわれは正しい、となってしまうそうです。

日本が朝鮮半島を統治したのは、大東亜戦争を始めるまえに、欧米列強が亜細亜を徐々に侵略してきたから、何れ日本も侵略される、という恐怖から朝鮮半島を日本国として統治したのであって侵略とは違うのです。

侵略とは、侵略しようとするその国の財産、文化などを戦争によって全て奪い、侵略された国は侵略した国の物になってしまう。

日本は朝鮮半島と、一切戦争はしていません。

しかも…

日本が朝鮮半島を統治してからは朝鮮半島は、みるみる近代化しました。日本の莫大なお金を使って。

日本統治時代を生きた朝鮮の人たちは、歴史を振り返り『日本統治時代は良かった』という人達も少なくなかったそうです。

今の韓国で『日本統治時代は良かった』と、誰かが言えば撲殺される事さえあるのです。

実際に、数年前にお年寄りが30代の男に殺められた事件が韓国でありました。

その30代の犯人は僅か5年程度で世間に解き放たれたのです。

日帝統治当時は親日だったのに、ある少数の反日勢力により正しい歴史はねじ曲げられ、自国に都合のいい歴史を造り上げてきた結果が今の韓国。

小さい頃から反日教育。幼児が日章旗を踏みつけたり、日本列島が燃えてる絵を描いたり…。

日本は残酷で悪い国、という事を小さい頃から教えられる。

悲しいことです。

いま韓国は、世界に日本はこんな悪い事をしていた、と日本を貶めるための、証拠も何もない…ただ朝日新聞がフィクションで書いた『日本帝国慰安婦強制連行』を韓国では真実と決めて今日の性奴隷とこじつけた慰安婦像が世界に広まりつつあります。

真実を知っているにもかかわらずです。

諸外国、勿論日本でも、一般人には外国の歴史には興味ないから、建てられた慰安婦像の歴史をそのまま鵜呑みにしてしまいます。

日本人は酷い奴らだ!と思われるのです。

慰安婦とは、戦争当時は何処の国でも有りました。

ベトナム戦争ではアメリカ軍に参戦した韓国軍はベトナムで残虐行為を行ない、ベトナム女性をレイプし数多くのベトナム女性を殺してしまったのです。

そして、韓国軍がレイプした後に何万という韓国とベトナムの混血の子供が産まれました。

その混血児をライダイハンと呼ばれ、ベトナムでは敵国の子供と差別され、その差別が今でも続いています。

この戦争犯罪事件を、数年後に韓国国内の新聞で取り上げたことがありました。

その記事をみた元ベトナム参戦した退役軍人達が新聞社に襲撃をかけて社内をメチャクチャにしたのです。

こういった自国の汚点を露にしようとすれば、暴力で封じ込まれるのです。

これでは、誰も正しい事を言えなくなるのは明らか。

この、ベトナム参戦した韓国軍の蛮行を日本の従軍慰安婦に置き換えて、国内の汚点をはぐらかそうと政府がらみで嘘の歴史を造り上げるのだと思われるのです。

なんでもかんでも日本のせい、日本が悪い、日帝に侵略された我々は被害者だから日本は謝罪をしろ!と韓国政府政権が代わる度に謝罪、賠償を要求。

ラオスのダム決壊も日本のせいみたいなことを言ってた。

私自身、直接韓国の人からそう言われたことはないけど、日本人としてあることないこと非難されるのは耐えがたいのであります。

従軍慰安婦に話を戻します。

従軍慰安婦…言わば、女性がお金で身体を売る仕事。

戦争当時は、規律正しい日本兵にも(従軍慰安婦)という仕事がありました。

戦地で気持ちが昂っている兵士を慰めてくれる人がいるのは、略奪や戦地でのレイプが起きないようにするものでした。

その慰安婦も募集で集まってきた方々でした。

当時の新聞の慰安婦募集広告も証拠として残っています。

その慰安婦の方々を斡旋していたのは朝鮮の人達でした。

日本が大東亜戦争で亜細亜各国に進軍して、当時亜細亜に侵略していた欧米列強を尽く撃ち破り、侵略されていた亜細亜を解放に導いたのです。

そして、亜細亜各国は独立しました。

当時の日本を評価していてくれてるのは亜細亜各国要人や著名人が日本への言葉を残してくれています。

『この大戦は植民地主義に終止符を打ち、白人と有色人種との平等をもたらし、世界連邦の礎石をおいた。
あの戦争の敗者は日本ではない。真の敗者は植民地をほとんど失った欧米列強だ』
SF作家 H.G.ウェルズ


『日本が立派にやりとげたことは、欧米の植民地帝国を完全に破壊したことである』
中華民国顧問 オーエン.ラティモア


『東京裁判は正義ではなく、明らかなリンチだ。私たちアメリカがどうして日本を罰することができるのか?私は理解できない』
社会学者 ヘレン.ミアーズ


『我々を白人支配から救いだしてくれたのは日本だった。我々は大戦終盤に日本を見限ったが、その恩は忘れない。日本ほどアジアに貢献した国はない。日本ほど誤解を受けている国はない。真の独立記念日は1948年1月4日ではない。1943年8月3日だ。独立の真の理解者は東條大将と大日本帝国だった』
ビルマ(現ミャンマー)首相 バ.モウ


『日本のおかげでアジアは独立できました。日本というお母さんは、母体を壊してまでもアジア諸国という子供を産んでくれました。今日、アジア諸国が欧米と対等に話ができるのは誰のおかげか。それは自らを殺してまで産んでくれた日本というお母さんがあったからだ。我々は、お母さんがお産を決意した12月8日を、全ての力を出し尽くし私たちの国を産み、力尽きた8月15日を忘れてはならない』
タイ首相 ククリット.プラモード


『我々は日本軍を歓呼で迎えた。日本は将来の我々の独立のために多くのモノをもたらしてくれた。我々が日本から学んだ最大のものは、国を守る術だった。かつて日本人は清らかで美しかった。かつて日本人は親切で心豊かだった。アジアの国の誰にでも自分のように一生懸命尽くしてくれた』
ASEAN提唱者 マレーシア乗員議員
ラジャ.ダト.ノンチック


『日本の統治は過酷なものだった。しかし日本軍により欧米のアジア支配は粉砕された。これはアジアに自信を与えた。大戦後15年以内にアジアの植民地は全て解放された』
シンガポール首相 ゴー.チョクトン


『あの戦争は我々の戦争であり、我々がやらなければならなかった。それなのに全て日本に背負わせ、日本を滅亡寸前まで追い込んでしまった。申し訳ない』
インドネシア元情報相 ブン.トモ


『高い理想と目的の高潔さに動かされたある国が、アジアの独立と民衆の解放に生命と財産の全てを犠牲にした。その名は日本という極東の島国だ』
ビルマ外相 ウ.ヌー


『私は、この裁判を引き受けた当初は正直後悔した。勝ち目がない裁判だからだ。しかし研究、調査を重ねるごとに被告の無実が証明されていった。最初から日本に20年間一貫した世界侵略の野心など全く無かった。私は断言できる。彼らは全員無罪だ。もし彼らを裁けるものがいるとすれば、それは日本人だけのはずだ』
ローガン弁護人


『かつて精強を誇った日本軍も、最後は精神力のみとなり敗れていった。だが、何かが残った。西洋人をアジアから追い落とした、という結果だ』
英印軍総司令 マウントバッテン卿



『(サンフランシスコ講和条約において)なぜアジアが日本が自由であることを望むのか。それはアジアにとって日本が唯一信頼できる国であったからだ。日本の理想に独立を望むアジアの人々が共感を覚えたことを忘れないでほしい。憎しみは憎しむことで消えない。愛することで消えるのだ』
スリランカ大統領 ジャヤワルデネ



『インドはまもなく独立する。この独立の機会を与えてくれたのは日本である。インドの独立は日本のおかげで30年も早まった。インドだけではない。ビルマもインドネシアめたベトナムも東亜民族は同じである。インド国民はこれを深く心に刻み、日本の復興には惜しみない協力をしよう』
インド法曹界長老 パラバイ.デサイ博士



『なぜ日本が謝るのでしょうか?あの大戦でマレーシア人と同じ小さな体の日本人が大きな体のイギリス人を追い払ってくれたではないですか?日本なくしては、東南アジアの独立はありませんでした。この日本の払った尊い犠牲を否定することはバックミラーばかり見ているようなものです』
マレーシア外相 G.シャフエー


『日本の占領は大きな利益をもたらした。第一に、基礎教育。第二に、軍事組織。第三に政府機構。これはインドネシア独立の基礎となった』
インドネシアの教科書



『日本兵は餓鬼の中、勇敢に戦い死んでいった。この絶望的な、しかし勇敢な行動はインド独立の糧となった。この慰霊碑は日本兵の供養であり、独立インドの象徴なのです』
インパール作戦慰霊碑のある村の村長



『日本にはファシストもヒトラーもナチスもムッソリーニも存在しなかった。ファシストの名にふさわしい東洋人を挙げるならば、それは蒋介石だ』
歴史家 クリストファ.ソーン



『韓国の近代化は日本の莫大な資本と人材によって為し遂げられたものである。誰も日本からの独立など望んでいなかったのに、アメリカに強制的に独立させられたというのが真実だ』
評論家 金満哲



『日本以外の方は、特攻隊員が洗脳されてたり、狂信的なものと想像することでしょう。彼らの遺書を読めば狂信者とは程遠い存在であることがわかります。彼らが守りたかったのは母であり、妻であり、愛する家族だったのです』
マレーシア外相 G..シェフェー

隣国3国以外は日本の功績を認めてくれている各国。

私は戦争を美化するつもりはありません。

あの戦争は正しかったのか…そうでなかったのか知りたかった。

各国要員、著名人の言葉を見つけて、少なくとも間違いではなかったのだと解釈しました。

しかし、戦争における犠牲者の数を見れば…間違いでもあったのかとも思います。

それでも、当時の日本の軍隊の方々は多大な犠牲を払いながらも目的を貫いて達成したことは認めたい。

日本は他国に侵略されなかった。

それが当時の日本軍の思いだったはず。

その当時の日本軍の子孫が今の私達であって、命をかけて守ってくれた日本を侮辱する隣国が私には許しがたいものがあります。

日本軍の高潔な降るまいに、勿論反感を買うこともあったと思います。

しかし、今現在アジアに親日国が多いのは大東亜戦争がもたらした結果だと思います。

亜細亜で反日なのは、中国と朝鮮半島だけ。

朝鮮半島の韓国の反日は、政府と国民一体で日本に対しては作られた歴史で敵対視しています。
真実の歴史を知っている人は反日ではないようですが、何かしら、日本を擁護する発言をすると粛清されます。

つい先日、韓国内では言論の自由を妨げる法律を作ろうとする動きがありました。

大日本帝国侵略を美化するような発言は厳罰に値する、みたいな民主主義とは言えない言論弾圧の法案を作ろう、という動きがありました。

韓国の反日は、今更どうにもならない状態だと思います。

日本の政府には、今回の韓国海軍による日本海上自衛隊、対潜水艦哨戒機への火器管制レーダー照射事件は韓国が日本に謝るまで、徹底的に攻めてほしいです。

嘘も100回言えば真実になる韓国。

嘘だらけの隣国と付き合うのは、日本の国益にそぐわないしメリットもないと思います。

これまで書いたのは、あくまでも私個人の発言です。おきに召さない方もいらっしゃるかも知れませんがご理解くださいますようお願い申し上げます。

以上、最後までお付き合いありがとうございました。


またね(^_^)/~~


にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村


移り行く日々の徒然に…


未分類 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

おいで♪ごろごろ♥

2018.12.27(01:28) 176


どもども(´ー`)ノ

朝晩が寒くなったねー((+_+))

愛猫トマトも、先月辺りから私が夜ベッドに入ると
私の顔の横に来て、前足で掛け布団をカリカリ引っ掻いて中に入れろ、と私の顔を見るのであります♪
トマト💕


『おいで♪』と私が布団を少し持ち上げると…

もぞもぞモゾモゾ入ってきます。

そして横向きに寝ている私のお腹の辺りでくるくる回り、ゴロン♪
トマト💕


そしてごろごろ喉鳴らす(///∇///)カワイイ

そんなトマトを小さな子供を引き寄せるように私の身体に密着させて頭を撫でれば、更に喉ごろごろ。
(ノ≧▽≦)ノ タマンネー♥

よし!湯タンポ接地オッケー😆👌❤

スマホをイジクリだす私。

私がもぞもぞ動くと、『動くな!』と言わんばかりにトマトの爪が肌に食い込むw

痛!(>_<")イテー

朝起きるとこんなことになってたりする(*^.^*)
いつのまに…?

でも可愛いから許す♥

私のお腹にくっついたままスヤスヤ眠るトマトを見てると、小さな子猫の時のトマトを保護した時をよく思い出します。

暗い会社の駐車場で、母親を呼ぶような子猫の声を聞いて声を便りに、探しまくってた私に向かってヨチヨチ鳴きながら歩いてくる小さな黒い影。

意図も簡単に私の手のひらに入ってきた黒い子猫。

そのまま抱きしめて乗用車に乗り込み子猫を助手席に置いたら…鳴きながら私の服をよじ登り、お腹の辺りにしがみつきながらにゃあにゃあ鳴いてた。

小さな身体を両手で包んであげたら鳴き止んで大人しくなった:*(〃∇〃人)*:アンシンシタンダネ

子猫のトマトは、カテゴリーメニューから【愛猫トマト💕】から『トマトの表情』というタイトル記事から見れるよ🎵

と、いうことで…。

トマトは今年7月で3才になりました。

つい先日、トマトがオシッコしていないことに気付いたのであります。

猫トイレを掃除してて…

『あれ?今日はオシッコしていないな…』

そして次の日…

『ん~…今日もオシッコしていない…』

次の日、即行でお医者さん連れていきました。

診察結果。

エコー検査で見たけどオシッコは溜まっていないし、お腹も張ってない、と先生。

特に異常なとこはない、とのこと。

猫は2日もオシッコ出ないと、大変なことだそうです。

特に雄猫は、すぐに体調わるくなるそうです。

トマトは女の子。

雄猫よりは、多少雌猫は余裕があるらしいです。

トマトは異常ないということで、先生の診断結果は…

どこか別の場所でしちゃってるんじゃないかな、という結論に達したのであります。

確かに…時々、トマトはコンビニの袋の中でオシッコすることあるのです(^_^;)

先生にお礼を言って、家に帰り早速トマトのオシッコチェック(*^.^*)b

テレビの裏やコンビニの袋の中とか見てみたけど、何処にもしてない。

しかし、先生の診断ではトマトのオシッコは膀胱に溜まってない、と言っていたので…とりあえず様子見。

トマトは家に帰るなり、水を飲んでた。

そして数時間後…トマトがトイレに入るのを確認。

…………オシッコしてた😂ヨカッター♪

ペットとはいえ、やっぱり家族の一員だから病気とか、とても心配になる。

とにかく、何事もなくて良かった良かった(*^.^*)


【愛しい温もり…】

君が側にいる温かさ

君が側にいる愛おしさ

小さな君が触れてるとき

何とも言えない温もりに包まれる…

愛しい温もり♥
黒猫のタンゴ
またね♥
(@^^)/~~~またね~♪

にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村

移り行く日々の徒然に…


愛猫トマト💕 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

育む日々…

2018.12.25(16:29) 175


いつものように

優しさに触れ

いつものように

触れ合いながら

いつものように

二人で笑う…


いつものような

夜だけど…

クリスマスイブの

夜だけど…

特別な夜と

いうこともなく

いつもと同じ

二人の夜は

想い出として

また一つ

二人の心に刻まれた…

重ねる日々に

記憶を重ね

重ねる記憶は

心を繋ぐ…



にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村
⇒育む日々…の続きを読む

移り行く日々の徒然に…


タイトル画像

レーダー照射の件について…

2018.12.24(22:31) 174


どもども(´ー`)ノ

今回の隣国軍艦による日本自衛隊対潜水艦哨戒幾への射撃管制用レーダー照射の件について…

レーダー照射してる時点でボタン一押しでレーダー誘導ミサイル発射になるわけで…

日本防衛省の(極めて危険な行為)という抗議に何故か反発する隣国。

その事件の場所も、ほぼ日本の領海。

そこに軍艦旗も掲げず射撃管制用レーダーを自衛隊幾に照射を数分続ける事は威嚇、若しくは撃墜可能を意味する。

北朝鮮の遭難した船を捜索中全てのレーダーを使用していて、そのレーダー範囲にたまたま自衛隊幾が侵入したことだ、という韓国側の主張。

だけど…韓国軍は全てのレーダーを使っていた、ということは自衛隊幾に気付かないわけがないと思うのです。

その主張に対して反発する日本に更に反発する韓国。

挙げ句に日本の反発に対して(日本は自制しろ)みたいな事を言う。

どうしても謝る気は無いみたいね。

ほぼ日本の領海で軍旗も掲げず自衛隊幾に撃墜可能を意味する威嚇。

自衛隊幾から見れば、あきらかな不審船。

自衛隊の無線の呼掛けにも不審船は応答せず。

こんなこと、私みたいな一般国民でも怪しいと思うのであります。

もしも、もしも本当に韓国軍の偶然のミスだとしても、自衛隊幾は回避行動も行っているわけだから、もし本当にミスであるなら反発するまえにミス内容を自衛隊に、同時に日本政府へと真摯に伝えて謝罪するのが韓国軍、または韓国政府が然るべき対処だとおもう。

国際ルール上、自衛隊の自衛権行使で韓国軍艦が攻撃されてもおかしくないはず。

苦しい言い訳を二転三転変えて繰り返して、挙げ句に自衛隊幾が挑発してきたとか言い出して、嘘に嘘を重ねていくと…慰安婦や、いわゆる徴用工みたいに韓国は自沈することになると思う。

日本は、次第に荒ぶれていく隣国とは関係を絶ったほうがいいと思う。

また、日本政府も強く抗議してほしいと思います。

日韓、米韓同盟も大きな亀裂ができてるし…

年明けにはアジア情勢に大きな事案が起こるかもね。
((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

お~こわ…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


移り行く日々の徒然に…


未分類 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

赤い靴👠 捏造?童謡シリーズ(*^.^*)

2018.12.23(08:20) 173


どもども(´ー`)ノ

年末最後の三連休♪

明日は、平成最後のクリスマスイブ🎄🎅🎁✨

明日は、パートナーがクリスマスケーキを買ってきてくれる🍰
\(^o^)/👋😆🎶✨

楽しみ♪

つい先日は、パートナーが映画に連れていってくれた(*^^*)♪

クイーンのボヘミアン.ラプソディ

【ママ、たった今人を殺してきたよ…】衝撃的な歌詞からメロディに入るのですが…

でも、これはフレディの自らの苦悩を歌詞にしたものだと思われます。

バイセクシャルのフレディは、エイズという病気に感染してしまい、死を覚悟して自分の人生をふりかえり書いたものだと思うのです。

私は、この歌を聴いた時…フレディの気持ちとシンクロしたのであります。

涙ぶわぁ(`;ω;´)でした。

パートナーを見れば…やっぱり(`;ω;´)泣いてた。

私達カップルは同性愛なので、映画のストーリーにも共感できる部分が随所にあったのでした。

そういったリスクを二人で理解しながら、あらためて今の二人の関係をこれからもずっと続けていきたいと思うのでありました(*^^*)


そんな12月のある日、病弱で引きこもりなワタクシ。

いつものようにYouTubeを観ていたところ、童謡の【赤いくつ】に目が止まりまして…。

🎶赤いくつ はいてた 女の子🎶

という誰でも一度は聴いたことあると思われる童謡♪

詩を書いたのは野口雨情。メロディは元居長世。

以前、このブログでも紹介した【雨降りお月さん】の詩を書いた野口雨情の作詞でもある【赤い靴】


赤い靴
1.赤い靴(くつ) はいてた 女の子
異人(いじん)さんに つれられて 行っちゃった

2.横浜の 埠頭(はとば)から 汽船(ふね)に乗って
異人さんに つれられて 行っちゃった

3.今では 青い目に なっちゃって
異人さんの お国に いるんだろう

4.赤い靴 見るたび 考える
異人さんに 逢(あ)うたび 考える

童謡、赤い靴は1922年(大正11年)に発表されました。

また、、、


生まれた 日本が 恋しくば

青い海 眺めて いるんだろう

偉人さんに 頼んで 帰って来(こ)


という5番目の歌詞が、昭和53年に発見されたそうです。


【定説】

静岡出身の(岩崎かよ)の娘(佐野きみ)が童謡赤い靴のモデルだそうです。


きみちゃんは、母親である岩崎かよと共に静岡で暮らしていたが、かよは未婚できみちゃんを産んで育てていたことで、周りから陰口を言われて居たたまれなくなり北海道へと移り住んだのでした。

そして、かよは鈴木志郎という男性と知り合い結婚したのです。
きみちゃんが3才になったとき、鈴木志郎とかよは社会主義活動の一環で北海道の平民農場へ入植するのですが、北海道での開拓生活は熊も出るし雪も多く厳しい生活のため、幼い娘のきみを義理の父である(佐野安吉)の仲介でアメリカ人宣教師のヒュエット夫妻に養育を託したのでした。( ̄□ ̄;)!!マジカ…

それからしばらくして、ヒュエット夫妻は本国アメリカへの帰還命令により母国へと帰ることに。

まだ幼いきみちゃんも連れていくつもりだったヒュエット夫妻でしたが、その時きみちゃんは当時不治の病である結核に冒されていたのでした。😢

結核で弱っているきみちゃんをアメリカまで連れていくのは忍びない、ということでヒュエット夫妻はきみちゃんを東京は麻布の鳥井坂教会の孤児院へ預けることになってしまったのでした。( 。゚Д゚。)オイオイ

きみちゃんは、母親かよに会うこともできないまま明治44年9月15日に9才で孤児院で亡くなってしまいました。(´;д;`)カワイソスギル…

きみちゃんの母親かよは、その間志郎との間に子供を授かっていた
乳児を育てながら志郎とかよは開拓に挫折していたのでした。💢😠💨コドモツクルナラナンデキミチャンヲテバナシタ💢

明治40年にかよと志郎は、札幌の新聞社に勤める社会主義詩人の野口雨情と知り合い親交を深めてゆき、かよは娘のきみちゃんのことを雨情に話したのです。

きみは宣教師に連れられてアメリカへ行ったと…。

しかし、この時には(きみ)ちゃんは東京の孤児院に居たのです。母親がいるにも関わらず…しかも病気で苦しみながら…。

そして、かよの話を聞いた野口雨情は【赤い靴】の詩を書いたのであります。


これはもしかして…志郎が、かよの連れ子が嫌できみちゃんを養女として、かよの義理の父である(佐野安吉)と口裏を合わせて宣教師夫妻に預けちゃったのか?とか考えてしまったワタクシなのでしたが…。

実は…この【赤い靴】という童謡は捏造(作り話ではないのか?)という説が持ち上がっていたのです。

それというのも、昭和48年に志郎とかよの三女で(岡 その)が『私の姉は【赤い靴】の女の子』という事を新聞に投稿したそうです。

当時、北海道テレビがこの記事に注目して5年にわたる調査の結果、岡そのの投稿の事実を認めることができて、北海道テレビにて【ドキュメント.赤い靴はいてた女の子】というドキュメンタリー番組を製作し放送したそうです。

そして、昭和54年に【赤い靴】を調査した記者がノンフィクション小説として【赤い靴はいてた女の子】を出版して、この小説が【赤い靴】の定説となったそうです。

しかし、この定説に(待った❗)を唱える人が現れたのです。

昭和61年、静岡日本平に母子像が立てられた際に地元静岡放送が【流離の詩.赤い靴はいてた女の子】を製作する際に、構成台本を依頼された作家が【赤い靴】には矛盾点があり、それを追及することになったそうです。

そして、矛盾点を追及した結果…平成19年12月に【捏造、はいてなかった赤い靴】を出版して定説には根拠がない、と批判したそうです。

きみちゃんと佐野安吉との戸籍上のこと。

宣教師の名前…正しくはヒューエットであり、きみは2才の時に孤児院に預けられていて佐野が、きみを孤児院へ預けていた。
その時北海道にいた宣教師とは接点があったとは言えない。

かよと雨情の間には、言葉をかわす機会はそれほど多くなかったはず。
かよが雨情に自分から進んで未婚で子供を産んだと告白することも考えにくい。

野口雨情の【赤い靴】は空想社会主義の挫折の隠喩とするべきで、記者の取材不足からくる想像で埋めた捏造だと言っているのであります(^_^;)

もちろん、赤い靴を調査した記者は偽りはないと反論。

また、矛盾点を追及する作家は、かよの話を聞いて雨情が赤い靴の詩を書いたというのは、かよの思い込みによる自慢話を娘そのや記者が飾り立てたもの、と批判したそうです。

実在したヒューエット夫妻、粉飾、かよが雨情に自分の話をしたのか、鈴木志郎が雨情にきみのことを話をしたのか、雨情の方から志郎に取材したのか、きみのことを雨情が知ることができたのか、等の検証は不十分らしい。

また、野口雨情の親族からは実際のモデルは無かったと主張されている、とも言われています。

野口雨情自信も【赤い靴】はきみがモデルだとは一言も言っていないそうです。

定説への意義、検証、解釈の相違、論争等を読んでいくと…

赤い靴は、きみちゃんがモデルではないように思います。

若しくは、雨情の耳にほんの少しきみちゃんの事が志郎や佐野安吉の言葉の中に偶然入っていたとしたら、無意識にきみちゃんを想像で膨らませて、それを表現したいことの喩えとして使う可能性はあるかもしれない。

そうなると雨情は意識せずとも【赤い靴】は、きみちゃんをモデルにしていたことにもなるかも…

ただ、そのストーリーは違うものだとも思うのであります。

定説に基づいて建てられた像は6つあります。

母子像 静岡県日本平  (1986年)

きみちゃん像 東京麻布十番  (1989年)

母思像 北海道留寿都村  (1991年)

赤い靴親子の像 北海道小樽  (2007年)

赤い靴少女像 北海道函館 (2009年)

赤い靴親子像 青森県鰺ヶ沢町 (2010年)


他にも、横浜と姉妹都市のアメリカ、カリフォルニア州サンディエゴにも少女像が2010年に建てられたそうです(*^^*)b

像の歴史は意外と古くないんですね🎵

そして論争はこれからも続くのだろうか…。


結構長文になっちゃった(^_^;)



最後まで読んでいただきありがとうございました😆💕✨


またね(^_^)/~~

赤い靴 記事一部抜粋 Wikipedia



美香。。。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

移り行く日々の徒然に…


タイトル画像

(・∀・)vいぇい♥

2018.12.19(03:40) 172


も~い~くつねると~♪

く~り~す~ま~す~⛄🎄✨

と、いうことで…

ごぶさたの美香ちゃんどす(*^.^*)ノシ

長らくブログお休みしておりましたが、ボチボチ復活
しようかと思っているのであります😃

相も変わらず、仕事できない引きこもり…( ω-、)

膀胱がんの方は、再発防止のためのお薬治療中。

腎症の方は、良くもなく悪くもなく…

お薬大量投入中┐('~`;)┌

間接リウマチは、ほぼお薬で捩じ伏せている状態♪

痛みは皆無(*^.^*)

ただ、足の浮腫が酷い酷い…

両足の脛を、ふくらはぎまで掴んで両手でギュッと
握ってみれば…

手形がクッキリ(○_○)!!おぉっ!

なので、足がダルいことダルいこと…

運動不足もあると思うけど、腎臓もかなり影響あると思われ…。

更には、坐骨神経痛も発症(>_<")イテー

もひとつおまけに、左足の膝の古傷が騒ぎだして、歩くには杖がないと歩けないという情けなさ( ;∀;)

私の体内年齢、既に五十歳越えてると思われます(((・・;)マダサンジュウダイナノニ…

まぁいいさ…(-。-)y-~

人生色々♪男も色々♪女も色々♪

NHな私は咲き乱れすぎたから、少し大人しくしてろ!っていう神様の御達しかもしれない…。

そんなわけで…引きこもりの私は、TVはほとんど観ない。つまらないから┐(´・c_・` ;)┌

とくに、フ○テレビ、テ○朝、T○Sは観たくもない。

日本人が運営しないN○Kなんか日本人が観るテレビじゃない!とか思うのであります。酷すぎる!

皆さん、真実を伝えない偏向報道、そして印象造作には惑わされないようにしましょう(^^)d

そんなわけで、テレビ観なくなってからは、YouTubeメインになったワタクシなのであります♪

テレビで放送されない記事がたくさんあるのです。

そんな中、ニュースや事件、世界の異常気象(サウジアラビアの砂漠の大洪水や雹で雪のように白くなった町)など観ていて、ふと眼に止まった【私達の住む世界は仮想現実の世界かもしれない】という記事♪

ふむふむ…。と、何となく観てみると…。

部屋の中にいるペットの犬が歩いてる途中で止まったまま数分の間動かなかったり?

空を羽ばたいてる鳥が一向に前に進まなかったり?その横を別の鳥が通り過ぎて…。

空高く飛んでる旅客機が同じ場所に止まったままとかw

おそらく、フェイクだと思われますが、観る価値ありです(*^.^*)

他にも、怖い話や浮気現場の修羅場とかw

YouTube、けっこう面白いですよ♪

テレビに飽きたらご覧あれ(*^.^*)b

それでは、このへんで…。

またね(@^^)/~~~



美香。。。


移り行く日々の徒然に…


未分類 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
2018年12月
  1. ぬくもり…(12/30)
  2. 想いは枯れ葉に問う…(12/29)
  3. 火器管制レーダー照射の件について…続報。隣国に物申す!(12/29)
  4. おいで♪ごろごろ♥(12/27)
  5. 育む日々…(12/25)
  6. レーダー照射の件について…(12/24)
  7. 赤い靴👠 捏造?童謡シリーズ(*^.^*)(12/23)
  8. (・∀・)vいぇい♥(12/19)