FC2ブログ

季節を感じて…


暖かな春の日差しに誘われて

窓を開ければ冷たい風が流れ込む


訪れた春の気配は日差しの中に

過ぎ行く冬は風の中

去るものあれば来るものもあり

来るもの拒めず去るもの追えず


そう思えれば人もまた

季節の中で言葉を綴る

四季の詩集の一頁を詠む…



短歌

沈む陽の春の小高い山見つめ去り行く日々の儚き想い


俳句

凛と立つ鉄塔鳴かす春一番 /麦茶



どもです♪(*´∇`)ノ

軟弱者のワタクシ…
訪問してくださる方々にご心配をお掛けしましたが、ぼちぼちブログを更新していこうかと思います。

当分の間は、週一か週2回ペースでブログを書いていこうと思います♪

ワタクシ、ブログ不在にもかかわらず訪問してくださった方々、本当にありがとうございます。
皆様のブログにも、以前のようにお邪魔させていただきますのでどうぞよろしくお願い致します♪

美香。。。


今日の選曲♪
【夢であえたら】薬師丸ひろ子


いつも応援ありがとうございます♪
お帰りの際に気が向いたらぽっちり一押し
宜しくお願いします♪:*(〃∇〃人)*:
スポンサーサイト



テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

願い…



眠っていたはずの思い出が

揺り起こされてざわめき立つ

滲み出てくる想い出に

堪えきれずに零れる涙


もう逢えないのはわかってる

ただ時間を止めたいだけ

これ以上哀しみに浸りたくないから…


一つ願いが叶うのならば

ただあなたの温もりが欲しい…




眠っていたはずの思い出に 

浮かぶあなたの大きな影

できることならもう一度

力いっぱい抱きしめて



もう逢えないのはわかってる

ただもう一度名前を呼んで?

これ以上寂しさに浸りたくないから…



一つ願いが叶うのならば

ただあなたの声が聞きたい…




眠っていたはずの想い出が

あなたを探す雨の中

あなたの顔を思いだし

幼い時の優しさ見つけた



もう逢えないのはわかってる

ただ優しいあなたを見たいだけ


一つ願いが叶うのならば

ただあなたの優しさが欲しい




残された一つの命は

泣きながら

家族の温もり恋しくて

孤独の道を歩いてる

迷いながら

戻りながら…


※追記
いつもご訪問ありがとうございます。
只今体調不良のため、少しの間更新お休みいたします。


美香。。。

【防人のうた】さだまさし

いつも応援ありがとうございます♪
お帰りの際に気が向いたらぽっちり一押し
宜しくお願いします♪:*(〃∇〃人)*:

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

病院にて…


折句


希う(こいねがう)

思慕に包まる情の内

揺曳引き摺り余瀾に残し

浮わつく心はあなたを想い

頑張り作った小豆粥

つまりはあなたの側に居たいの♥



短歌

長椅子に座り見上げる呼び出しの番号で知る小正月の日


俳句

わくわくの粥の小豆の小正月 (麦茶



どもども♪(*´∇`)ノ

今日の横浜は朝から曇り☁

冬らしい気温♪

でも、それほど寒くは感じない…

しかし、明日は気温が19℃まで上がるとか(^^;

四月頃の気温じゃないの?

そして明後日はまた冬の気温に戻る(◎-◎;)

皆様、体調崩さないようお気をつけくださいね。


今日は、1月15日…小正月であります。

小豆粥を食べて疫病退散!
コロナキエロヽ( ・∀・)ノ┌┛Σ(ノ `Д´)ノ

1月15日の小正月には、小豆粥を食べるそうですね(*^^*)b

そして…なにやら小豆粥を竹の棒で掻き回して表面の小豆の数で占いをするとか(*^^*)タノシソウ

私がそんなことを知ったのは病院でのこと♪

採血のために受け取った番号が115番♪

『今日の日付じゃん♪』

と思いながら、今日は何の日?とググる♪

小正月、イチゴの日、ウィキペディアの日、アダルトの日(〃 ̄ー ̄〃)ソンナヒガアルノカ…

他にもありますが、気になる方はググってね(*^^*)

14日15日16日までの3日間を「小正月」とする場合もあるそうです。

この小正月を女正月と呼ぶ所もあるそうですよ♪
お正月から小正月まで働いた主婦への労う意味だそうです。

思いやりのある男達が多い所なのでしょうか(*^^*)

15日はイチゴの日でもあります。

22日はショートケーキの日🍰

知っている方も多いと思いますが、横書きカレンダー表記では毎月22日の上に15日があります♪
22日の上にイチゴが乗っかってるので、22日がショートケーキの日になったのですね(*^^*)b

22日は、コンビニのスイーツに、普段は無いイチゴが乗ってたりします。

今もあるのかな?

最近はコンビニに行ってないので定かではありません。
以前は22日になると、普段売っているスイーツにはないイチゴが乗ってましたからね(*^^*)b

そんなわけで、検査で病院に行った私の『今日は何の日』でした(笑)

冒頭の折句で書いた詩は縦読みでね(*^^*)

今夜は晴れてれば三日月が見られたのにな~、と残念に思いつつ
ドリス・デイのFly me to the Moonを聴きながら終わりたいと思います♪

今日も最後までお付き合い
ありがとうございました(*^^*)

また来てね♪(@^^)/~~~

【Fly me to the Moon】ドリス・デイ

【Fly me to the Moon】アンジェリーナ・ジョーダン
歌い方が、なかなかセクシーな女のコ♪
歌は1分40秒から♪


いつも応援ありがとうございます♪
お帰りの際に気が向いたらぽっちり一押し
宜しくお願いします♪:*(〃∇〃人)*:

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

絹や木綿の服を着て…


湯煙の向こうの艶やかな

きめ細やかな絹の肌

ちょいと触れればするりと交わし

ちょいとつつけば横を向き

つれない素振りに手を妬いて

暫し見つめる絹豆腐(*^^*)


絹豆腐を艶っぽく表現してみました♪
では、木綿豆腐ではどういう表現になるか…
そう思い、まず木綿豆腐の木綿というワードで木綿の語源を調べてみたら、【木綿】という言葉に私の知らなかった意味がありました。

木綿(ゆう)
(コウゾの皮の繊維を蒸して水にさらし、細かく裂いて糸としたもの。主に幣 (ぬさ) として神事の際にサカキの枝にかける)

ここで、ワタクシふと気付くことがありました。
前回の記事で、四体の乙女像が佇む釧路の幣舞橋のこと♪
神事に使う木綿(ぬさ)の舞う橋。

過去には広い範囲で幣舞という地名だったそうですが、現在、幣舞と呼ばれるのは公園付近のみ。
過去に祭壇があったようで(現在もある)、現在は公園付近だけが幣舞と呼ばれているそうですね。
アイヌ語で(ヌサ・オマ・イ)
幣舞の語源です。
ヌサ(祭壇) オマ(ある) イ(ところ)という意味だと解りました(*^^*)

そしてこの地には、2000年前にはアイヌ民族が山の神として崇められていたヒグマが特別な存在だったようです。

遥か昔の地名が今でも継がれている事と、神を崇める風習が間接的に見ることができました。

幣舞橋の四体の乙女は、やはり女神なんだ、と改めて思うワタクシであります♪


話が逸れましたが、木綿という言葉に神聖な意味があることを知ったので艶っぽくなんて書けません(^^;

今回、何故豆腐の話題を出したかというと、10月2日と毎月12日は豆腐の日なのであります(*^^*)b

そんな豆腐を調べていたら、幣舞橋の四体の乙女へとたどり着いちゃったのです(笑)

因みに高野豆腐は偶然できたそうですよ(*^^*)b

高野山の僧侶が豆腐を食べようとしたけど、お腹が一杯になったのか食べられなくなり、明日食べよう、と思い外に出しておいたそうです。
その事をうっかり忘れて何日か過ぎたとき、思い出して見てみるとカチカチに固まった豆腐ができていたそうで、それが保存食となり高野豆腐となったようです(*^^*)

寒い場所ならではの食物。
外に出された豆腐は、夜はガチガチに凍り、昼は太陽熱で解凍されて、何日かそれを繰り返すと水分の抜けた豆腐になるそうです。 

明日は関東でも降雪の可能性がでてきましたね。
西東京などは積もりそう⛄
豆腐鍋なんて温まりそうですね♪

私の住む横浜は、おそらく雨でしょう。
しかし、かなり寒いようなので防寒対策は怠りなく♪
もちろん感染対策もね(*^^*)b


短歌

湯けむりの中に木綿や絹もあり温泉宿の脱衣のようで

食べ進み残り少ない一人鍋湯豆腐一つに重ねる思い


俳句

絹ごしに箸の遊びし一人鍋 (麦茶

湯豆腐の湯気に面影父の癖 (麦茶


それではこのへんで♪
今回も最後までお付き合い
ありがとうございました♪

また来てね♪(@^^)/~~~

今回の選曲♪
【酒よ…追伸】吉幾三
じわじわ泣けてくる…( ω-、)

【時代遅れの酒場】加藤登紀子

いつも応援ありがとうございます♪
お帰りの際に気が向いたらぽっちり一押し
宜しくお願いします♪:*(〃∇〃人)*:

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

四季の女神…


高い空は凍え

風は透き通り震え

土は冷たく悴み

水は凍り時間を止める…

乾いた音は響き渡り

冴ゆる空気に息を見せ

人の躰は温もりを欲し

意中の人に想いを寄せる

冬の女神の為せる業…



短歌

目覚めれば部屋の空気の冷たさにトイレよ来いと念じる思い

冬の朝猫と布団で丸くなり目覚めて食べる昼の朝飯


俳句

明け方の湯気の川面のうつ田姫 (麦茶

白姫や川面の湯気に踊りけり (麦茶


瞬刻の静かな朝の冴ゆる鐘  (麦茶

鐘冴ゆる瞬刻の間の遠き音 (麦茶

鐘冴ゆる一山越えし届きけり (麦茶

麦茶=私、美香の俳号であります♪
宜しくお願い致します♪


どもです(*´∇`)ノ♪

本日は、朝からとても寒い横浜です((⛄))

でもね、久しぶりに聞こえた朝七時の鐘の音はとても綺麗に聞こえた気がします。

日曜日で、しかも皆さんコロナ禍で自粛しているせいなのか車の往来も少なめだったことで聞き取れました。

『ごーん』という鐘の音はいいですね~♪

心に沁みるというか、躰に染み込んでいく感じ♪

お寺とは、けっこう離れていますが、意識して耳を澄ますと『ご~ん』と朝七時に一回だけ鳴ります。



虫の音を心地よく聞けるのは日本人だけだといいます。

外国人が虫の音を聞くと、雑音や機械的な音として聞き取るそうです。

この違いは、日本人は左脳の言語脳で聞き取るのに対して、西洋人は音楽や機械的な音を処理する右脳で聞き取るそうです。

この右脳、左脳の役割は人類皆一緒(*^^*)

どちらで聞き取るかの違いのようです。

どちらの脳で聞き取るかは、文化の違いが関係するようです。

この自然の音の聞き取り方の違いは「波」「風」「雨の音」「小川のせせらぎ」も虫の音と同様の違いが出るようです(*^^*)b

世界で自然の音を左脳で処理するのは日本人とポリネシア人(ハワイ、サモア、ニュージーランド、フィジー、タヒチ、他その辺の島国(笑))だけだといいます。

お隣の韓国や中国でも自然の音は右脳で処理(機械的な音)されるようです。

皆が皆同じとは言えないでしょうけど(^^;

島国特有なものなのでしょうか…。

日本では、遥か昔から虫の音を楽しむ文化がありますからね。

京都には鈴虫寺というお寺もあります♪

恋愛成就・縁結び祈願・黄色いお守りで人気のお寺だそうですよ♪


そんな情緒ある日本でも、除夜の鐘が煩いという方がいるのも事実。

まぁ、除夜の鐘は自然の音ではないから、右脳処理で雑音にしか聞こえない人もいらっしゃるのも仕方ないのかな(^^;


さて、今回は俳句で冬の女神『うつ田姫』で一句詠んでみました。

日本には四季の女神がいるそうでして…


春の女神 佐保姫(さおひめ)

夏の女神 筒姫(つつひめ)

秋の女神 竜田姫(たつたひめ)

冬の女神 宇津田姫(うつたひめ)(白姫)



冬の女神(うつた姫)もしくは(白姫)とも呼ばれます。

しかし、うつ田姫の詳しい情報は皆無…

何故、うつ田姫というのか調べても解りませんでした。

しかし古事記には、天之冬衣神(あまのふゆきぬのかみ)という冬の神様が書かれているそうです。

天之冬衣神は「天上界の冬の着物の神様」という意味であります。

因みに母親も着物の神様らしいです(^^;

冬衣は増ゆ衣ということで、たくさんの服という意味でもあります。

たくさんの服を持つお洒落な冬の神様でありますが…

実は男(*^^*)

女神ではないのであります(^^;

しかしながら、天之冬衣神がうつ田姫だとすると…

服をたくさん持っている事から、女装していたのかも♪

もしかして私と同じトランスジェンダー?

私の妄想は風船のように膨らむのであります(笑)

日本の四季の女神の資料は少なすぎるので、解らないことだらけ(^^;

なので、間違っているところがあればご指摘頂きたく思います♪


四季の女神で思い出したのが、私がいつもお邪魔している
さえき奎さんのブログ【酒とソラの日々】で以前紹介された釧路の幣舞橋(ぬさまいばし)。

この幣舞橋(ぬさまいばし)には橋の欄干の両端に四季を表す四人の乙女の像が立っています。

春の像 舟越保武 作
「若葉が萌えいずる雪解けの季節」

夏の像 佐藤忠良 作
「さわやかな風を受けて羽ばたく若々しさ」

秋の像 柳原義達 作
「迫りくる厳しい冬に立ち向かう精神と緊張感」

冬の像 本郷新 作
「寒さと冬をはねのけて春を待ち望む心」

秋の乙女像だけ、少しふっくらしているような♪

もしかしたら、この四人の乙女は四季の女神なのだろうか…。

そんなことを思いながら四季の女神と四季の乙女の繋がりを調べてみましたが、接点が見つかりませんでした(^^;

しかしながら、市民の希望で建てられた四人の乙女は女神と言ってもよいのではないでしょうか(*^^*)b
ワタクシ、そう思います♪

Wikipediaへリンクしておきます。

幣舞橋(ぬさまいばし)


ただし、四季の四人の乙女像の画像はありません。
別のサイトには四人の乙女像が紹介されていました。
そちらには勝手にリンクできないので探してみてね♪

それではこのへんで♪

今回も最後までお付き合い
ありがとうございました♪

また来てね♪(@^^)/~~~♪

今回の選曲♪
【四季の歌】たんぽぽ児童合唱団

【季節の中で】松山千春

いつも応援ありがとうございます♪
お帰りの際に気が向いたらぽっちり一押し
宜しくお願いします♪:*(〃∇〃人)*:

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

美香

Author:美香
いらっしゃいませ♪
LGBT(トランスジェンダー)美香のブログへようこそ~♪

このブログは、私のリアルな日常や思うこと、感じたこと、など書いてます。
エッチな記事も含まれてますので苦手な方は飛ばして読んでくださいね♪

リンクはご自由にどうぞ♥

また、ご連絡いただければ、よろしければ私の方でもリンクさせていただきます♪

よろしくお願いいたします♪

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる