FC2ブログ

タイトル画像

月の光に誘われて…

2019.06.17(23:13) 297


仕事帰りに疲れてるのに

あなたはいつも私のもとへ…

何気無い会話の中の甘い言葉…

甘い言葉に気遣う思い

気遣う思いに心は熱く

火照る頬染め照れ隠し

甘い言葉は夜空に光る

満ちた月に例えれば

水無月の空に優しく光る

丸い苺の甘い月…





どもです(*´∇`)ノ♪

パートナーと二人でご飯を食べながら

今夜の月がストロベリームーンと知ったのであります♪

苺のように紅い月ではないです(*^^*)b

ネイティブ・アメリカンによって名付けられた六月の満月の呼び方です。

六月は苺の収穫時期でもあり、六月の月は赤くなることが多いことから、ストロベリームーンと呼ばれるようになったそうです。

ストロベリームーンを好きな人と一緒に見ると、二人は結ばれる、という噂もあるそうで『恋を叶えてくれる月』という別名もあるようです。

ワタクシ…その噂に乗っかって『ノロケ』た次第であります😳💦オトナゲナイ(*´▽`*)タマニハイッカーw

日本ではに二年ほど前からマスコミが取り上げてたそうです。

そんなわけで今の横浜では綺麗に見えてるお月さまに想いを込めながら、このへんで終わりたいと思います♪

スマホじゃ綺麗な月は撮れないので写真は無し。
気になる方は『気になる誰か』と見てね♪

【月灯りふんわり落ちてくる夜】

月の光は妖しく
優しく
夜をほんのり包み
心もほんのり温かくなる…


にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

移り行く日々の徒然に…


タイトル画像

心地好い静寂…

2019.06.16(16:33) 295


テレビを消してベッドに寝転んだ…

静かな部屋に音もなく入り込む風…

夏を思わせる空に目を向ければ

綿のような雲はわずかに形を変えながら

静かな流れの川に浮かぶ小舟のように

風に吹かれて流れてく…


意識を小舟に預けてみた…



音もなく流れる風…



静かに揺れる小舟…



眼を閉じれば揺りかごのように



ゆっくりと眠りに落ちてゆく…




開け放たれた窓からは


車の音さえ途切れ


音の無い風の流れの旋律に


合わせて揺れる小舟と


ゆっくり流れる時間…



風と雲とゆっくり流れる時…


風と雲と時の…音の無いコンチェルト


私の意識は、心地好い眠りに着いた…





【ジェットストリーム】
ナレーション 城 達也


【ジェットストリーム】
レーモン・ルフェーブル


夢の中でもいいから、旅に出てみたいな~♪

今の時期は昼間も夜も心地好いね(○´∀`○)

今日も最後までお付き合い
ありがとうございました😆💕✨

また来てね(@^^)/~~~

にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村






移り行く日々の徒然に…


タイトル画像

虹の滴…

2019.06.14(16:24) 294


突然降りだしたにわか雨。

美雪は姉の一美(かずみ)に逢いたくなって、姉が眠るお墓に向かう途中だった。

美雪は目についた大きな本屋へ雨宿りとして駆け込んだ。

『もぅ…、さっきまでお天気だったのに…』

濡れた服と髪をハンカチで拭きながら、美雪は恨めしげに空を見上げた。

『雨が止むまで居させてね~』

独り言に変なメロディを付けて呟きながら、美雪は本屋の店内を見て回った。

手描きのような青い空が描かれ、青い空には虹が描かれている表紙に目が止まった。

『可愛いぃ』

思わず手に取りページを捲った。

虹をモチーフにした詩集だった。

自分でも詩を書いている美雪は、一目で気に入りレジへ向かい虹の詩集を購入した。

ほんの15分くらいしか本屋に居なかったのに、外を見ると雨は上がっていた。

本屋から出た美雪は、空を見上げた。

雲の切れ間に見える青い空。

遠くを見れば、雲の切れ間から溢れた陽射しが綺麗な虹を描いていた。

『わぁ…虹だー』

美雪は思わず声に出し、今買ったばかりの虹の詩集を袋から取り出した。

美雪の横を通り過ぎた髪の長い女性は立ち止まり、スマホを取り出し見事な七色の虹を写真に収めていた。

美雪には懐かしさを感じさせる後ろ姿の髪の長い女性は、チラッと後ろを振り向いた。

髪の長さといい、雰囲気といい…

美雪から見たら姉の一美によく似ていた。

美雪は暫く女性の後ろ姿を見つめていた。

髪の長い女性を虹が覆っていて、女性は虹の橋に向かって歩いていた。

花言葉に虹の女神が関係している花があることを思い出した美雪はスマホを取り出し虹の女神が関係している花言葉を持つ花を探した。

『花菖蒲か。花言葉は…優しい心 あなたを信じる 忍耐 優しさ 諦め 心意気 優雅 情熱 伝言 信頼 嬉しい知らせ…虹が関係しているのは伝言と嬉しい知らせなんだ…』

姉のお墓参り、姉に似た女性、偶然手に入れた虹の詩集。

そして今遠くに見える綺麗な虹。

これって偶然?…。

美雪は、さっきまで恨めしげに見ていた空を見上げた。

その時、美雪の頬に滴が落ちてきた。

滴は前方から落ちてきたように思えた。

『…虹の滴?』

ふと、そう思えた美雪の口許から笑みが溢れた。

ありがとう…と心の中で呟いて空を見上げてから、姉が眠る所へ歩き始めた。


虹を見つめ…

虹の女神に姉への伝言を託して…。


【虹】ゆず
生きている限り 辛いこともあれば
哀しいこともある…
だけど、それを乗り越える力は
必ずあると思う…
涙は心を落ち着かせ
哀しみも薄めてくれる…
もし、この先虹を見ることが
できるなら…

天に掛かる虹の橋に辛い想いを
打ち明けよう…
きっと虹の女神が想いを
天に届けてくれると信じて…


にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村



⇒虹の滴…の続きを読む

移り行く日々の徒然に…


花の詩と花言葉 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

優しい気持ち…

2019.06.13(17:15) 293


優しさは時に冷たく

冷たさの中に優しさを見つけ

優しさは時に突き放し

突き放された後に優しさを見つけ

優しさに笑顔を見せて

優しさに心が震える…


梅雨の合間の晴れた空

爽やかな風が心の中を

優しく通り抜けた…



本当の優しさの中に

本当の愛がある…



【優しさで溢れるように】JUJU

冷たく思える言葉の中には
優しさが隠れていることがある…
本当の優しさに気付くことは
大切なこと…




にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村



⇒優しい気持ち…の続きを読む

移り行く日々の徒然に…


タイトル画像

手紙…

2019.06.12(12:50) 292


古い手紙を読み返せば

古い記憶を呼び覚まし

一文字一文字に染み入る心に

当時と違う心が見えた…


口に出せない想い

遠く離れた想い

文字の表現はアルバムのように

繊細な風景が見えて

言葉は気持ちを伝え

伝わる気持ちは

想い出を飾りながら

古い記憶は新しい想い出となった…





どもです(*´∇`)ノ♪

私自身、手紙はほとんど書かなくなりまして…

携帯、スマホが数多く出回り、皆さんも手紙を書く機会がかなり減ったのではないでしょうか(*^^*)

私が手紙を書いてたのは10代の時だけ(*^-^)

ラブレターではないけどね(*^-^)

10代の時に書く手紙といえば、ラブレター♪

自分の想いを伝える手段の一つ…

今はラブメールとでも言えばいいのでしょうか…

いや、今はメールよりLINEかも(*^^*)b

一振り二振りスマホ2台重ねて振るだけでLINE交換ができちゃうし♪

会話のように言葉を交わす…

恋人同士ならリアルタイムにデートの延長みたいな感じかな…

メッセージを送っても既読にならず反応がないとヤキモキしたり、良からぬ想像を掻き立てられたりすることもあるようで(^-^;

一昔前にはポケベル(ポケットベル)というものがあったよね♪数字の語呂合わせで言葉としてメッセージを送っていたそうです。

通話はできないけど数字の語呂合わせでメッセージを送受信するもの?電話番号を送信すれば受信した人が公衆電話等から、その番号に電話するというのが本来の使い方だと思われます。

私は使ったことないですが、暗号みたいでおもしろい♪

例えば、(0833)という数字は(おやすみ)と読むそうです。

(114106)は(あいしてる)と読み

(500731)は(ごめんなさい)と読む♪

今のメールとは違い、暗号チックな数字の語呂合わせでメッセージをやり取りしてたのですねー(*^^*)オモシロソウ

中には解読困難な(ー015)というものもあったようです♪

どう読むか分かります?

(ボウリングいこう)と読むそうです。
(○´∀`○)ワカンネー

それに対して返事は(114)(いいよ)で会話成立?

解読困難でどうしても解らないで相手に電話したりして( *´艸`)

なんか盛り上りそう(*≧∀≦)

ポケベル世代の方は、奥さんや旦那さんに送ってみては?

普通にメールしなよって言われちゃうかもだけど🎵

それが原因で喧嘩になっても当局は一切関知いたしません♪


アナログからデジタル化が進み、手紙を書くことが少なくなった今…

敢えて手紙を書いてみるのも良いのかな♪なんて思うのであります。

携帯やスマホばかり使ってると漢字ど忘れしたり、とかありますからね(^-^;ワタシノコトカσ(*´∀`*)エヘ

故郷の両親や知人へ、電話では言えない事も文字にしたためれば伝わりやすいかもしれません。

書いた人の文字を見れば、書いてるときの心情も伝わるのかな、なんて思います♪


そして、手紙といえば山田孝之主演の【手紙】という映画があります。

両親を亡くし、まだ高校生の弟と暮らしていた兄が、弟の学費を工面しようとしたが、どうしても学費を用意できず何を血迷ったか空き巣に入る。

そこで家の住人と出会し揉み合いになり、住人が取り出したハサミが誤って住人に刺さってしまい、強盗殺人の罪で兄は刑務所へ行った。

強盗殺人の兄を持つ弟は周りから誹謗中傷を浴びせられ、いろいろなチャンスも強盗殺人の兄がいる、ということでそれを逃してしまった。

そんな兄弟を繋いでいた毎月の手紙のやり取り…

弟思いの兄の手紙に弟は次第に嫌悪感を抱くようになっていく。

社会の冷たさ、他人の無慈悲な心、そして家族愛…

物語の中に深く入り込んでしまうような映画でした。

私のおすすめ映画です♪

【手紙】

それではこのへんで…

今日も最後までお付き合い
ありがとうございました😆💕✨

また来てね(@^^)/~~~

私が号泣する歌…
歌ってる人に涙するのではなく
詞が泣かせるのです…
【手紙】神野美伽

【かあさんへ】吉幾三

手紙に綴る想い
魂のこもった文字は
深く心に刻まれ
手紙と共に胸に抱く…

にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村




移り行く日々の徒然に…


タイトル画像

運命3…

2019.06.10(15:24) 291


俯いてたら前を見られず

振り向いてばかりいれば躓いて

よそ見をすれば道を間違え…


運命は未来へ命を運ぶもの

道を間違えたら振り返りながらも

前に進むしかない…

躓いて転んでも立ち上がり

痛みを堪えて前に進むしかない…

幸せを見て不幸に涙溢し

楽しいことあれば哀しみもあり

この世に生きる命は儚くても

終着点まで命を運ぶのが生きる道…





どもです(*´∀`)ノ♪

本日の記事は…

運命に対する私の思い、であります。

タイトルが【運命3】となってるのは
以前にも運命に関して書いたことがあるので…


運は時々悪戯に生きる道を惑わせたりします。

それを運命のいたずらと言うのかどうかは
わからないけど…

運は命を脅かすこともあり

運は命を助けることもあり

幸運不運は紙一重

それもまた運命の一つかもしれないけど…

それ以外の運命の道は自ら選ぶもので

運に左右されるものじゃないと思う…

因果応報…

良い行いは良い結果を生み

悪い行いは悪い結果しか残らない…

時々、悪い行いをして良い結果になることも

あるかもしれないけど、それが切っ掛けで

悪い行いはエスカレートしていき

最悪の結末になると思うのです。


人生は選択肢…

運命は背負うもの…

時には運に弄ばれるかもしれないけど

生きる道はでこぼこで時には穴も開いてたり…

穴に落ちたら運が悪い、じゃなくて

もしかしたら…

その道を選んだ自分が悪いのか…

とも思ったりもします。

運命は、終着点まで自ら命を運ぶもの、

と思っています。←自己解釈(*^-^)

しかしながら…他人によって奪われる命
(事故や事件)は、運が悪い、では済まされない。

当然、犯人は捕まれば重い刑を受けます。

最悪の場合は死刑。

でも、奪われた命は戻らない…

遺族の方の気持ちを察すれば言葉が出ない…

こればかりは私自身、どう考えればいいのか
わかりません…

それでも、こういう事件があると、遺族の方に
対してマスコミ等は『今のお気持ちは…』
みたいなことを言う。

察してあげなよ!といつも思います。

ちょっと話が逸れました…

こういった事件事故を運が悪い、で済まされない
としたら、どう考えればいいのだろう…

ということで、ただいまワタクシ考え中であります。

この続きは何れまたの機会に…

では、このへんで…


最後までお付き合いいただき
ありがとうございました😆💕✨

また来てね(@^^)/~~~

【The Rose】Bette Midler

人の心はそれぞれに
違う世界を持っていて
それを信じて歩む人生は
時に間違っていたことに気付き
時にそれを貫き
人は心の花を咲かせ
生き甲斐を見出だすのかもしれない…

にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村





移り行く日々の徒然に…


タイトル画像

日曜日の雨…

2019.06.09(08:14) 290


雨の降る日は貴女を想い…

雨降る日曜日は貴女を偲び…

雨音に想い出が蘇り

雨の滴に想い出を写し

雨の冷たさに貴女の温もりを想い出す…


二人で濡れた雨の日

寄せ合う肩に一つの傘…

私の肩を濡らさぬよう

私へ寄せる思いやりに

甘えたあの日…


日曜日の雨の日は

静かに小説読みながら

微睡む貴女の横顔…

綺麗な長い髪は時折さらさらと

前に落ちては手で整えて

耳に髪を掛ける仕草…

今の私も同じように…

いつの間にか貴女と同じように

髪をかきあげ本を読む…

貴女の髪より長くなって

貴女の歳も越えたけど

貴女は私の姉であり

貴女は私の母であり

貴女は私の友達であり…


瞼を閉じれば浮かぶ貴女の顔

耳を済ませば貴女の声…

シャンプーの香りが鼻を擽り

貴方が傍にいるような

雨降る日曜日の朝…



私の書いた小説を詩にしました…

また来てね(@^^)/~~~

【シェルブールの雨傘】白鳥英美子

甦る想い出…
ふりかえる事しかできない過去…
今日は貴女の好きだった日曜日の雨…
雨が連れてくる想い出は
温かい…


にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村



移り行く日々の徒然に…


タイトル画像

誘って…

2019.06.07(19:23) 289


頬杖ついてため息一つ

女心は迷いながらも

ずっと想いを寄せながら

気になる貴方の誘いを待って

飲み会行けば視線を送り

話をすれば頬染めて

馴れ初め作りに花咲かす…

2019060718133825f.jpg
画像 Wikipedia




どもです(*´∇`)ノ♪

お久しぶりの花の詩花言葉のお時間です♪

本日のお題は【鬼灯(ほおずき)】です♪

6月から7月にかけて花をさかせるほおずき♪


【ほおずきのはな】という言葉で花言葉の意味を交えて言葉を紡ぎました(*^^*)b

想いを寄せる男性に誘ってほしいオーラを出して、切っ掛け作りに専念する乙女心w

したたかといえば計算高く思われますが、この場合は可愛い範囲だと思うのであります(*^^*)


【鬼灯の名前、漢字の由来】

鬼灯(ほおずき)と漢字で書くと鬼の灯りと書きますが、特に怖い意味とかは無いようです。

「ほおずき」という日本語の語源は諸説あり、「頬付き」とするのが一般的なようですが…

【鬼灯】とも【酸漿(さんしょう)】とも書かれます。

「酸漿」は漢方からきているそうです。
これはおそらく、薬にもなるほおずきが【酸っぱい】というところから呼ばれるものと思われます。

鬼灯(ほおずき)はお盆飾りにもよく使われるので、迎え火と鬼火(葬式のとき門前で焚く清め火)のイメージが重なるせいだとも云われています。

そして(*^^*)b

「ほふつき」や「ほほつき」が変化したと言われることもあります。

「ほふつき」は子供が鬼灯の実を膨らませて遊ぶ様であったり、「ほほつき」は「ほほ」と呼ばれるカメムシのような虫がつきやすいから、などが考えられているようです。

諸説あるのですねー(*^-^)


【鬼灯の花言葉】

(偽り) (ごまかし) (半信半疑)
(心の平安) (私を誘ってください)


冒頭の詩のようなものは(私を誘ってください)という花言葉を使いました。


【花言葉の意味】

(偽り)(ごまかし)は見た目の袋状の中には、さぞかし大きな実が入っているのだろう…と思い開いてみれば…
こじんまりした小さな実が一つだけという騙された感からつけらた花言葉です(○´∀`○)ダマサレター

(半信半疑)(心の平安)は、ほおずきは毒性を持ちながらも薬として使われていたため、飲んだ場合毒に当たるか薬として効くのか…という疑念から来ているようです。

そして幸いにも毒に当たらず薬として効果があり、痛みが消えて安堵の表情になることから、(心の平安)とつけられた花言葉のようです。

一か八かの薬って…😞💦ナンカコワイ…w



科・属名  
ナス科ホオズキ属

和名    
鬼灯(ホオズキ)、酸漿(ホオズキ)

別名    
輝血(カガチ)、奴加豆支(ヌカヅキ)

原産地  
東南アジア

色    
白、黄

開花時期
6月~7月

花持ち期間
2~3日程度(実は10~14日程度)

誕生花
7月8日、12月29日


いかがでしたか?
今回は私もけっこう勉強になりました♪

来月には、東京浅草ではほおずき市があります。
「一生分の功徳が得られる縁日」だそうです♪

賑やかに開催されることでしょう(*^^*)

それではこのへんで…

最後までお付き合いいただき
ありがとうございました😆💕✨

また来てね(@^^)/~~~

【まちぶせ】石川ひとみ
やっと見つけた詩に合う歌( ≧∀≦)ノ

想いは心に秘め
私のさりげない切っ掛け作りに
貴方が振り向き
私の秘めた心の鍵を
優しく開けてくれるまで
私は貴方の心に呼び掛ける

いつまでも…

にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村



移り行く日々の徒然に…


花の詩と花言葉 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

想いは夜空へ…

2019.06.06(04:25) 288



瞼を閉じれば優しい笑顔


耳を澄ませば優しい声


手を伸ばせば届くのに


触れられないもどかしさ…


夢は儚くいたずらに


逢いたい想いを募らせる…



幼い頃の想い出を見て


手のひらの中の夕焼けを見て


永久に微笑む写真の中の


貴女を想えば空を見上げて…


いつも…


貴女の星座をさがしてる…



晴れた空なら光を集め


雨の降る日は滴を集め


今、咲き誇る紫陽花のように


寄り添う四枚の花びらに


幸せな家族を重ねて…





どもです(*´∇`)ノ♪

夢は心の想い、でもあり

願望でもあり…

逢えなくなった人に

逢わせてくれるのも夢の中…

人は…亡くなれば星になるといいます。

十二星座はそのためにあるのかな、なんて

思うこともあります。

昔は、亡くなった人の魂は月へいく、という

ことを、童謡【雨降りお月さん】という歌で

知りました。

私はそれを十二星座に置き換えて

ものがたりを書きました。

雨降りお月さんは、娘が月へ

旅立つのを父親が見送る歌ですが

私の書いた物語は流れ星に込めた

願いを天使が叶えてくれる

というお話です。

よかったら、お時間のある時

読んでみてね(*^^*)


そんなわけで、私は夜空を

よく見上げるようになりました。

物語を思い起こし

夜空を見上げ

眠りにつき夢を見る…

誰かに逢いたくなったら

試してみてね♪


では、このへんで…


今日もお付き合いいただき

ありがとうございました♪

また来てね(@^^)/~~~

【雨降りお月】はいだしょうこ


にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村


移り行く日々の徒然に…


タイトル画像

優しい言葉…

2019.06.04(14:17) 287


何気ない 優しい言葉に


笑顔になる…



何気ない 優しい言葉に


心潤う…



優しい言葉は人の心を温めて



温められた心は



優しい言葉を生む…



人の心を温める優しい言葉は



優しい心から生まれて




優しい心から生まれる言葉は




人を労わり




人を慰め




人に希望を与えてくれる…





言葉は人を動かし



元気を与え




笑顔を連れてくる…








どもです(*´∇`)ノ♪

美香ちゃん復活~♪ヽ(´▽`)/

この度は、皆さんにご心配をおかけして
すみませんでした。

また、たくさんの励ましのお言葉ありがとう
ございました😆💕✨

ワタクシ、病気は完治していませんが
気持ちだけは元気になりました♪

皆さんの優しい言葉に支えられ

パートナーの優しい気遣いに寄り添い

枯れた心に咲いてた萎れた花は

また元気に花開きました(*^^*)

ご心配をおかけしてすみませんでした…。

また元気に、自分の想いを言葉に…

詩に置き換えて描き綴っていきますので

改めてこれからも宜しくお願い申し上げます♪

美香。。。

【ユー・レイズ・ミー・アップ】
人は寄り添い支えられ
生きるこの世の辛さを背負い
笑って泣いて呟きながら
過ぎて消え去るこの日々に
辛く重たい荷物を捨てて
明るい明日に夢を見る…

にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
にほんブログ村



移り行く日々の徒然に…


最近の記事
  1. 月の光に誘われて…(06/17)
  2. 心地好い静寂…(06/16)
  3. 虹の滴…(06/14)
  4. 優しい気持ち…(06/13)
  5. 手紙…(06/12)
  6. 運命3…(06/10)
  7. 日曜日の雨…(06/09)
  8. 誘って…(06/07)
  9. 想いは夜空へ…(06/06)
  10. 優しい言葉…(06/04)
次のページ
次のページ